府中駅南口第一地区市街地再開発事業

  •   19, 2015 07:53
  •  0
  •  0
府中駅南口第一地区市街地再開発事業は東京都府中市の府中駅南口のすぐ目の前で建設中の15階建て、高さ60mの高層ビルで1~4階の低層部分が商業施設、5、6階が公共施設、7階~15階が共同住宅となります。











■概要
・名称  府中駅南口第一地区市街地再開発事業
・所在地 東京都府中市宮町一丁目100番
・階数  地上15階、地下4階建て
・高さ  60m
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 140戸
・敷地面積 6,731.62㎡
・建築面積 5,634.36㎡
・延床面積 56,407.32㎡
・着工  2013年10月1日
・竣工  2017年3月30日竣工予定
・建築主 府中駅南口第一地区市街地再開発組合(野村不動産)
・施工  清水建設、京王建設、横沢建設共同企業体
・最寄駅 府中、府中本町
(2014年12月29日撮影、12月31日撮影)













府中駅南口第一地区市街地再開発組合のホームペジから拝借した府中駅南口第一地区市街地再開発事業の完成予想図です。
→ 府中駅南口第一地区市街地再開発組合







府中駅南口第一地区市街地再開発事業を南側から見た様子です。






西側から見た府中駅南口第一地区市街地再開発事業の様子です。







西側には馬場大門の欅並木と呼ばれる並木道があります。







拡大してみると、現在は基礎工事を行っていることがわかります。






東側から見るとこんな感じです。
奥に欅並木が見られます。






京王線の府中駅へのペデストリアンデッキです。
府中駅南口第一地区市街地再開発事業が完成すると、駅からデッキを通り、建物内に入れるようになると思われます。







地下空間が結構広そうです。






整理番号B-0283-01
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment