自宅マンションから見た名駅前変遷

  •   31, 2014 08:38
  •  0
  •  0
遂に今年もあとわずかですね。
今年は大学生になってバイトを始め、一眼レフを購入し、数多くの超高層ビルを見に旅行に出かけました。


そんな2014年、地元の名古屋は大きく都市化が加速し、名古屋駅前では現在、8棟もの超高層ビルが建設中で今年の春に自宅マンションから撮影した写真と最近撮影した写真とでは思っていたよりも景色が変わっていて驚かされました。






【2014年3月30日撮影】
名古屋駅前の超高層ビルのシルエットが美しいですが、三本の毛と揶揄されるのが理解できるような街並みです…





【2014年5月17日撮影】






【2014年6月13日撮影】
タワークレーンがはっきりと確認できるようになってきました。





【2014年7月5日撮影】
モヤがかかっていて幻想的でした。




【2014年7月28日撮影】
JPタワー名古屋の鉄骨が見えてきました。




【2014年8月23日撮影】






【2014年9月14日撮影】
この日は夕焼けに浮かび上がる名古屋駅前の超高層ビルの様子がなかなか良い感じでした。







【2014年10月14日撮影】
この日は空気が澄んでいてかなり鮮明に写真を撮影する事が出来ました。




【2014年12月9日撮影】





【2014年12月27日撮影】
雪化粧した鈴鹿山脈を背景に名古屋駅前の超高層ビル群を撮影。
JPタワー名古屋はほぼ上棟し、大名古屋ビルヂングも鉄骨がかなり組まれて目立ってきました。
たった2棟の超高層ビルができてきただけでも、三本の毛というような感じではなく立派な超高層ビル群になってきたという感じです。




整理番号M-0012-01
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment