ジークレフ新神戸タワー

  •   19, 2014 08:18
  •  0
  •  0
ジークレフ新神戸タワーは兵庫県神戸市中央区熊内町に建つ42階建て、高さ150.85m、総戸数は292戸の超高層タワーマンションで、山陽新幹線新神戸駅南側すぐの場所に立地します。
ちなみに神鋼不動産が分譲したマンションで初めてのタワーマンションとなっています。










■概要
・名称  ジークレフ新神戸タワー
・所在地 兵庫県神戸市中央区熊内町7丁目6番1
・階数  地上42階建て
・高さ  150.85m
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 292戸
・敷地面積 2,801.85㎡
・建築面積 1,785.36㎡
・延床面積 38,570.23㎡96
・着工  2006年7月3日
・竣工  2009年6月30日
・建築主 神鋼不動産、住金興産、関電不動産
・施工  清水建設
・最寄駅 新神戸

(2014年9月8日撮影)














南西側から見たジークレフ新神戸タワーの様子です。









西側から見上げたジークレフ新神戸タワーの様子です。
ジークレフ新神戸タワーは六角柱とティアラをモチーフにした塔屋が特徴的で建物本体もスレンダーでとても美しいです。







北側から見たジークレフ新神戸タワーの様子です。
ジークレフ新神戸タワーの低層部分は高層住居部分の外観デザインと異なり、







新神戸駅周辺は緑豊かでジークレフ新神戸タワーも傾斜地で木々が生い茂った場所に建っています。







新神戸駅南側にある生田川公園から見たジークレフ新神戸タワーです。
奥の山々は六甲山脈で神戸市内でも結構、標高の高い場所に建てられています。




整理番号B-0263-01
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment