名鉄瀬戸線撮り

  •   22, 2014 07:51
  •  0
  •  0
大学の行きと帰りにいつも利用する名鉄瀬戸線の写真を撮影してきました。
名鉄瀬戸線は全ての列車がステンレス車両の4000系で鉄道マニアからは撮りがいが無いと評判が悪いですが、実際利用するとこの時期(夏)は自動制御された冷房が涼しく、この記事を書いている時も熱くもなく寒くもなく丁度いい気温です。
まあ、それよりも撮りがいの無い、魅力のない電車に魅力を見出すような写真を撮るのが鉄道マニアのお仕事やろ!と思うのは私だけでしょうか。。。

という訳で平日の午前中に講義がない日があったので矢田駅で途中下車して撮影してきました。




名鉄瀬戸線の矢田駅すぐ近くの階段と踏切。民家が密集する場所を縫うように走ります。









本当にギリギリを通過して行きます。









鉄道マニア(撮り鉄)で有名な撮影スポットに来てみました。









平日の朝ラッシュ時はかなりの本数の電車が来ます。3分から4分に1本来るので交互に来ていると踏切が開く余裕がないくらいです。








車内は今日も満員です。
東山線よりも若干本数が少ないので激込みです(笑)









またすぐにすれ違います。
この様に頻繁に来るので矢田川橋梁の手前で線路と交差する土手の道路は大渋滞でした。








名鉄瀬戸線の新型車両は今日も大勢の人を乗せて快適な通勤、通学の足となっています。








【おまけ】
今度は帰りに尾張旭検車区の前で撮った夕日に照らされる4000系です。
ステンレスの車両は鋼製車両よりも光を反射するので光と影をうまく調節しながら撮るとかっこいい写真が撮れます。









ちょいズームで。




整理番号T-0012-01
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment