西新宿五丁目北地区第一種市街地再開発事業 (A1地区)

  •   13, 2014 07:54
  •  0
  •  0
西新宿五丁目北地区第一種市街地再開発事業(A1地区)は通称西新宿ホームタウンと呼ばれており、日本で最も階数の多い超高層タワーマンションになる予定です。※日本で最も高い超高層マンションは大阪にある北浜タワーで階数は54階ですが高さは209.35mでこちらのほうが高さ自体は北浜タワーのほうが高いです。














■概要
・名称  西新宿五丁目北地区第一種市街地再開発事業 (A1地区)
・所在地  東京都新宿区西新宿5丁目700番
・階数  地上60階、地下2階建て
・高さ  208.97m (軒高199.16m)
・構造  鉄筋コンクリート造、(一部鉄骨造)
・総戸数  976戸
・敷地面積 7,530.65㎡
・建築面積 3,090.34㎡
・延床面積 103,911.43㎡
・着工  2014年1月1日
・竣工  2017年4月30日予定
・建築主 西新宿5丁目北地区第一種市街地再開発組合
(フジタ、三菱地所レジデンス)
・施工  フジタ
・最寄駅  西新宿五丁目、都庁前、西新宿、中野坂上




建築計画の概要。





自分が2014年3月に撮影した時はまっさらな更地でした。






東側から見た様子です。
この時はこの重機一つのみでした。








都庁の展望台から見るとこの様にセントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿の影になり敷地は見えませんでした。幸い、高さが200mもあるので完成したら見えそうです。






西新宿ホームタウンのホームページから拝借させてもらった完成予想図です。






整理番号B-0113-01
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment