梅田阪急ビル オフィスタワー

  •   13, 2014 10:05
  •  0
  •  0
梅田阪急ビル オフィスタワーは大阪府大阪市北区の梅田にある阪急百貨店本店が入る超高層ビルで老朽化の進んでいた旧ビルを南北に分けて建て替えを行い、南側は上層部にオフィスのある高ささ186.95mの超高層ビル「阪急梅田ビル オフィスタワー」に生まれ変わりました。














■概要
・名称  梅田阪急ビル オフィスタワー
・所在地 大阪府大阪市北区北区角田町8番1
・階数  地上41階、地下3階建て
・高さ  186.95m
・構造  鉄骨造、(一部鉄筋コンクリート造) (制震構造)
・敷地面積 17,465.64㎡
・建築面積 11,755.62㎡
・延床面積 253,896.65㎡
・着工  2005年9月14日
・竣工  2012年9月28日
・建築主 阪急電鉄、阪急阪神百貨店
・施工  大林組
・最寄駅 大阪、梅田、西梅田、東梅田、北新地






梅田阪急ビルを南東側から見た様子です。
南側にある「阪急」のロゴの色が阪急電車の色合いを思い起こすような色で良い感じです。





梅田阪急ビルを西側から見た様子。
南側はオフィスタワーがあり超高層ビルですが北側は百貨店のみの低層棟です。









北西側から見た梅田阪急ビル。






東側の様子です。







阪急百貨店の入居する低層部分の様子です。
低層部分はシンプルなデザインの高層部分と違い旧ビルの面影を残すような外観デザインが特徴で一部には丸型の窓があったりと結構お洒落なビルです。






低層部分の一部にもこの様にシンプルなデザインの高層部分と通じる外観の部分もあったりします。。。







整理番号B-0080-01
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment