アルバックスタワー金山駅前

  •   24, 2014 12:07
  •  0
  •  0
アルバックスタワー金山駅前は愛知県名古屋市中区金山に建設中の超高層タワーマンションで休玄寺の建て替え伴い、余った容積率を利用し約60年の定期借地権を設けて分譲されています。




■概要
・名称  アルバックスタワー金山駅前
・所在地 愛知県名古屋市中区金山1丁目1503番2
・階数  地上27階建て
・高さ  90.91m
・構造  鉄筋コンクリート造(制震構造)
・総戸数 86戸
・敷地面積 560.00㎡(実測560.47㎡)
・建築面積 401.56㎡
・延床面積 8,696.84㎡
・着工  2013年6月15日頃
・竣工  2015年8月中旬予定
・建築主 休玄寺、エウディーノウビ
・施工  清水建設、アイシン開発共同企業体
・最寄駅 金山


建築計画の概要と現在の作業工程です。



敷地は思ったよりも狭く、更地の時にはこんな所に本当にタワーマンションが建つのか!?と思いましたが完成予想図を見るとかなりスレンダーでかっこいいデザインのタワーマンションが建つようです。写真は敷地西側の伏見通にかかる歩道橋から撮影しました。



南側から見た様子です。




完成予想図を広告から拝借しました。
駐車場は北側にタワーパーキングが用意されているみたいですね。
金山駅や2020年までの期間限定の大規模商業施設「アスナル金山」まですぐの立地で利便性はかなり良いですね。




最後はミッドランドスクエアの展望台から見た建設中のアルバックスタワー金山駅前。
すぐ南側にはANAクラウンプラザホテルや名古屋ボストン美術館などが入る金山南ビルがあります。






整理番号B-0024-01
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment