FC2ブログ

Kosugi 3rd Avenue

  •   28, 2018 07:06
  •  0
  •  0
Kosugi 3rd Avenueは神奈川県川崎市中原区JR武蔵小杉駅南西側で建設中の38階建て、高さ142mの超高層タワーマンションで、L字型敷地に高層部(敷地西側)、低層部(敷地東側)が建設され、低層部には小杉こども文化センターや総合自治会館の入る公共公益施設が入居予定となっています。





◆参考資料、引用元
川崎市 小杉町3丁目東地区
コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス 公式サイト





◆過去の記事
→2017年12月20日投稿 小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業











■概要
・名称  Kosugi 3rd Avenue (コスギ サード アヴェニュー)
・所在地 神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目414番地
・階数  地上38階、地下2階建て
・高さ  142m
・構造  鉄筋コンクリート造、鉄骨造
・総戸数  519戸
・敷地面積 8,347.32㎡
・建築面積 5,007.82㎡
・延床面積 68,871.92㎡
・着工  2017年3月1日
・竣工  2020年3月31日予定
・建築主 小杉町3丁目東地区市街地再開発組合(三井不動産レジデンシャル、東急不動産)
・設計  日本設計(基本設計)、大成建設(実施設計)、協同組合都市設計連合(事業コンサルタント)
・施工  大成建設
・最寄駅 武蔵小杉
(2018年7月22日撮影)





北西側から見た建設中のKosugi 3rd Avenueの様子です。
Kosugi 3rd Avenueはコスギ サード アヴェニューと読み、住宅部分は「コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス」となっています。
ちなみにコスギ サード アヴェニューのサードとは、「サードプレイス」の略で「サードプレイス」は自宅でも職場でもない「第三の居場所」を指します。









南西側から見た建設中のコスギ サード アヴェニューの様子です。
タワーマンションの魅力はやはり、その高さと開放的な住宅にあるとは思いますが、生活利便度を高める低層階も見逃せません。

コスギ サード アヴェニューの低層部分には、川崎信用金庫やみずほ銀行などの商業施設や川崎市こども文化センター、川崎市総合自治会館などの公共施設も入ります。










仮囲いに貼られていたKosugi 3rd Avenueの完成予想図です。









こちらは公式サイトから拝借したKosugi 3rd Avenueの商業施設完成予想パースです。
「ステップガーデン」と呼ばれ、サードパークに面している外階段とテラスの連続する空間で、歩きながら店舗を巡ることのできる回遊性が生まれるようです。








隣に建つエクラスタワー武蔵小杉(39階建て、高さ149m)です。
そのうち、写真右側に「Kosugi 3rd Avenue」が伸びてきます。


整理番号B-0528-03

スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment