FC2ブログ

岐阜イーストライジング24

  •   27, 2018 06:34
  •  0
  •  0
岐阜イーストライジング24は岐阜県岐阜市高砂町に建設中の24階建て、高さ95.16mのタワーマンションで、分譲住宅や賃貸住宅のほかにサービス付き高齢者向け住宅、介護付有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、ショートステイなども入ります。

立地はJR岐阜駅と名鉄岐阜駅の中間地点で、JR岐阜駅とは全天候型歩行者用デッキで直結するため、自由で快適な移動性公共交通機関を最大限活用できるようになります。
また、超高齢社会に対応した福祉機能を備える福祉施設も整備されます。




◆参考資料、引用元
岐阜駅東地区再開発事業 岐阜イーストライジング24 公式サイト
岐阜新聞 岐阜イーストライジング24 岐阜駅東再開発ビル名称決定







◆過去の記事
→2015年4月8日投稿  岐阜駅東地区市街地再開発事業
→2016年4月8日投稿 岐阜駅東地区市街地再開発事業
→2017年5月8日投稿 岐阜駅東地区市街地再開発事業
→2017年8月24日投稿 岐阜駅東地区市街地再開発事業
→2017年9月27日投稿 岐阜イーストライジング24
→2017年12月5日投稿 岐阜イーストライジング24
→2018年4月6日投稿 岐阜イーストライジング24











■概要
・名称  岐阜イーストライジング24
・所在地 岐阜県岐阜市高砂町1丁目4、7-16番
・階数  地上24階建て
・高さ  95.16m、(建築物高さまたは軒高89.71m)
・構造  鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
・総戸数 12戸(分譲住宅)、約60戸(賃貸住宅)、約30戸(サービス付き高齢者向け住宅)、100床(介護付有料老人ホーム)、100床(特別養護老人ホーム)、 約20床(ショートステイ)
・敷地面積 2,759.60㎡
・建築面積 2,273.06㎡
・延床面積 23,855.66㎡
・着工  2016年3月1日
・竣工  2019年1月予定
・建築主 岐阜駅東地区市街地再開発準備組合
・設計  青島設計・スペーシア設計共同企業体
・施工  岐建
・最寄駅 岐阜、名鉄岐阜
(2018年8月13日撮影)





北側から見上げた建設中の岐阜イーストライジング24の様子です。

岐阜イーストライジング24のフロア構成は1-2階に商業施設、3-15階に福祉施設、16-24階に住宅となります。
詳細としては22階~24階に分譲住宅12戸、18階~21階に賃貸住宅約60戸、16階~17階にサービス付き高齢者向け住宅約30戸、10階~15階に介護付有料老人ホーム100床、5階~9階に特別養護老人ホーム100床、3階~4階にショートステイ、地域交流センター等約20床、そして1階~2階に商業施設等が入ります。








北側では低層部分の施工が行われていました。








南側低層部分です。
「岐阜イーストライジング24」や社会福祉施設の「ジョイフル岐阜駅」のロゴが取り付けられています。







JR岐阜駅から伸びるペデストリアンデッキの施工も進んでいます。








南側から見上げた建設中の岐阜イーストライジング24の様子です。
住戸部分の外観デザインは半透過型のガラスパネル手すりと暖かみのあるベージュ色の腰壁外壁の組み合わせとなっています。









岐阜シティタワー43展望台から見た建設中の岐阜イーストライジング24の様子です。









最上階まで完成し、上棟しています。
22階~24階に分譲住宅12戸が入りますが、分譲のため他の階よりも仕様が良いのか階高が高く見えます。








岐阜イーストライジング24の南側は広々とした空き地になっています。
こちらも再開発がなされ、タワーマンションやホテルとなるのでしょうか。
今後の動向に目が離せませんね。



整理番号B-0299-06
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment