FC2ブログ

名駅南エリア・パナソニックの工場跡地でタワーマンション計画??

  •   17, 2018 07:36
  •  5
  •  0
愛知県名古屋市中村区名駅南の新洲崎JCT北西側のパナソニックの工場跡地約15,000㎡が長谷工コーポレーションに約200億円で売却との情報が日経新聞に掲載され、タワーマンションが建設されるのではないかと噂されています。

立地は、名古屋駅から南へ徒歩10分程の場所で、住友生命名古屋ビルや名古屋四季劇場の東側に位置します。
1970年代まで工場として稼働しており、現在は駐車場として利用されているとのことで、2027年リニア中央新幹線開業など今後、地価上昇や経済活動が活発化すると見込まれる名古屋駅周辺エリアにおいて大規模再開発の期待される場所の一つとなります。



◆参考資料、引用元
日本経済新聞 パナソニック、名古屋の工場跡地を売却 長谷工に200億円で





20180716120455308.jpg





■概要
・名称  ---
・所在地 愛知県名古屋市中村区名駅南2丁目7
・階数  ---
・高さ  ---
・構造  ---
・敷地面積 約15,000㎡
・建築面積 ---
・延床面積 ---
・着工  ---
・竣工  ---
・建築主 ---
・設計  ---
・施工  ---
・最寄駅 名古屋、名鉄名古屋、近鉄名古屋
(2015年2月1日撮影)





この先にパナソニックの工場跡地があります。
奥に高速道路の高架qが見えますが、その手前左側辺りです。
新洲崎JCT周辺には駅が無いことがネックですが、歩いて10分ほどで名駅へアクセス可能な立地ではあります。
もし地下鉄東部線が実現していれば駅があったんでしょうか、東山線の柳橋新駅ができるとそちらの方が最寄りになりそうです。
20180716120507739.jpg






GoogleEathで敷地面積を算出してみました。
約15,000㎡になったのでこの場所で正しいようです。
20180716120516932.jpg





個人的には名古屋にツインタワーのタワーマンションがまだ存在していないことから、ツインタワーマンションができないものかと期待していますが、名古屋市内の最高層タワーマンションが47階建て、高さ161mのザ・ライオンズミッドキャピタルタワーで、広島や計画中のタワーマンションにはなりますが札幌などの地方都市よりも高さで劣っており、名古屋にも高さ180m以上、200m級のタワーマンションが建設されれば良いですね。

名古屋はクルマ社会&戸建て志向の低密度都市だと言われていますが、近年は少しずつ変わってきています。
鉄道を軸として駅を中心とした開発が行われ、少しずつですが高密度拠点型都市へと変化していると感じます。
今後の名古屋の開発動向に注目したいところです。
20180716120525840.jpg

整理番号B-0617-01
スポンサーサイト

5 Comment

天白区の人  

新洲崎ジャンクションのあたりは、そのまま少し北へ行けば柳橋(さらにそこから少し東へ行けば納屋橋・伏見駅)、そのまま少し東へ行けば大須観音駅方面です。
いずれも徒歩10分圏内ですので、交通の便は非常に良い場所です。

エディオン本店の移転に始まり、劇団四季専用劇場が伏見から名駅南へ移転したこと、ささしまライブの開業、東横イン名古屋名駅南の開業、そして9月には名駅西口とささしまライブをアンダーパスで結ぶ道路「椿町線」の全面開通などこの地区も目まぐるしく変化しています。

テラッセ納屋橋のように商業施設+マンションという売り方であればかなり需要があるように思えます。
このあたりの商業施設(スーパー)はあるにはありますが、山王にドン・キホーテ、太閤通にマックスバリュがある程度です。
大須まで出れば業務用スーパー アミカやスーパーサノヤなどがあるんですけどね。

2018/07/18 (Wed) 21:02 | EDIT | REPLY |   

きりぼう  

Re:

商業施設は必須ですよね。
再開発街区の価値を高めるにも生活利便性向上にも必ず無ければならないと思います。
駅ですが、調べてみると大須観音が900m、ささしまライブが700m、名古屋駅が800mほどでした。
個人的に郊外ではありますが駅徒歩3分ほどの場所に住んでいたことがあったことから、都心で徒歩10分以上は厳しいと思うので駅ができたら良いなと思ってしまいました。

2018/07/18 (Wed) 22:05 | EDIT | REPLY |   

-  

都市規模の割にはタワーマンションが東京や大阪のように連鎖的に開発されませんね。
一軒家志向は理解できますが、それでも土地価格がまだ安価な広島や札幌、福岡の方がタワーマンションが多いのは不思議です。
都内で考えるとターミナル駅まで10分圏内であれば、最優良物件です。まして柳橋駅が出来るのであれば尚更です。

名古屋の場合、デペ自体が他都市と比較すると投資規模やデザイン自体がかなりネガティブであり、「物づくりの街」、「貯蓄額が高い街」と言われる割にはデペの投資意欲が薄く感じます。
東京、大阪は勿論の事 大きなプロジェクトが無い広島、福岡、仙台、札幌のほうが勢いや洗練さがあるように感じてしまう事が残念です。

長谷工や名鉄、中日ビル、興和、則武、キャッスル及びキャッスルプラザ等の再開発は縮小や頓挫することなく進捗して欲しいものです。

2018/07/31 (Tue) 18:46 | EDIT | REPLY |   

きりぼう  

Re:

仰る通り、都市規模の割には名古屋は超高層ビルやタワーマンションが少なすぎます。
車社会とは言われていても市内は地下鉄利用者がかなりいます。
ただ、ここで注目したい点が地下鉄沿線信仰の高さです。
名古屋では東山線や鶴舞線沿線が特に注目を受けていますが、それらの沿線にはタワーマンションなどが群を成せるほどの空き地や再開発用地は土地の区画整理や共同での再開発以外はありません。

ただ、他の名鉄犬山線であったり、小牧線沿いであればまだまだ広大な土地があります。
これらの田舎と呼ばれる沿線ブランド価値を鉄道の延伸などで上げることができれば、駅前の空き地を区画整理し、福岡のシーサイドももちのような地区や仙台の長町のような都市を作れるのではと思います。

福岡や仙台にできて名古屋にできない、無理だというのは経済規模、人口増加率、都市規模から考えてありえないと思いますので、気持ちと行動力(地元行政や地元デベロッパーの)があればいけると思いますよ。

2018/07/31 (Tue) 19:21 | EDIT | REPLY |   

-  

名古屋は確かに東京や大阪と比較すると鉄道利用者がまだまだ少なく、長久手や東郷等の著しく人口増加しているエリアに鉄道がありません。
小牧にも相互運転の上飯田線がありますが、名古屋北で開発が止まったままです。あの路線を丸田町や納屋橋経由で笹島や名駅に繋ぐことが出来れば
飽和状態の東山線のバイパスにもなります。あとは凍結されている東部線もですね。

名古屋の土地柄なのか、常に卵が先か鶏が先かという論点で事を運ぶ慎重すぎる事で、判断力が鈍く、最近になって区画統合緩和策を打ち出すなど
、他県の成果や実績を踏まえたうえで動くという時期既に遅しという行政の姿勢が、東京大阪のデペの投資意欲や規模を削いでいると思います。

あと名古屋市長自体に今後の街づくり構想が明確に見えていないのが要因でもあります。経団連も旗振り役が不在なのがまとまった再開発のブレーキにもなっていると語っています。興和や三井北の再開発も一体開発が出来ないのは、行政の欠落した構想ばかりで他人任せと早期に具現化させる姿勢や行動力が著しく無いに等しいという事です。

その点では、大阪や福岡の市長はビジョンやブランデイングが明確化され、府や県との良好な連携や対国との都市戦略を上手く構築されていると思います。こういった事も、かなり影響されていると思います。

2018/08/01 (Wed) 11:05 | EDIT | REPLY |   

Post a comment