FC2ブログ

名古屋都市圏近未来鉄道網創造計画(地下鉄東部線新設、名鉄瀬戸線延伸etc...)

  •   12, 2017 07:46
  •  6
  •  0
名古屋都市圏近未来鉄道網創造計画というタイトル名で???と思う方が多いかもしれません。
今回は実際の計画ではなく、東京大阪と比較して貧弱な鉄道網を更に充実させ、今後名古屋大都市圏がリニア開通によって更に発展していくために、将来的な都市開発計画箇所と人の流れを意識して鉄道の延伸新設について個人的に考えてみたものになります。

※個人的な独断と偏見で作ったものですので、お遊びの息抜き程度のものと思っていただけると幸いです。





DSC02593_20171012004752a17.jpg
(参考画像:大都市圏の名に恥じない延々と続く市街地 2017年8月13日撮影、名古屋市東山公園)




現在の都市計画ではネットワーク+コンパクトシティによって鉄道をはじめとする公共交通網の重要性が高まっており、更に交通渋滞や環境問題からモーダルシフトという国際的な社会の変化も起きています。

それらの流れに従い、日本国内でも鉄道の新設、延伸、廃線の復活、利便性を考慮した小規模な延伸が相次ぎ、首都圏(東京とその周辺都市)では2015年に上野東京ラインが開業、2018年度にシーサイドラインの延伸予定、2019年に相鉄・JR直通線開業予定、2021年に宇都宮ライトレール新設予定、2022年に相鉄・東急直通線開業予定、2024年度にひたちなか海浜鉄道湊線延伸(ローカル線の延伸計画)など他にも様々な鉄道新設、延伸計画があります。




DSC04021.jpg
(参考画像:再開発された美しいデザインの駅舎 2016年10月23日撮影、たまプラーザ駅)




また、関西圏(大阪とその周辺都市)では2019年にJRおおさか東線延伸予定、2020年に北大阪急行南北線延伸予定、また最近話が浮上したものであれば早くて2030年になにわ筋線(大阪都心部を縦断する新路線)の開通、2029年に大阪モノレールの延伸と複数路線の新設や延伸が計画されています。





DSC03820.jpg
(参考画像:新規鉄道路線の建設と、新駅開業に伴って開発の進む都市 2016年10月23日撮影、千葉県柏市柏の葉キャンパス)





東京や大阪だけではありません。
近年、地方都市でも鉄道の新設や延伸などが相次いでいます。
仙台では2015年に仙台市地下鉄東西線が開業、福井では福井鉄道の延伸により、えちぜん鉄道三国芦原線と福井鉄道福武線の相互直通運転が開始、更に福井市内循環鉄道の計画も進められています。
他にも広島ではJR可部線の廃線区間の一部区間復活、福岡では2020年度に福岡市営地下鉄七隈線の延伸が行われます。




このような状況下で名古屋とその周辺での鉄道や地下鉄の延伸、新設計画は皆無でネットワーク+コンパクトシティ、モーダルシフトの時代において遅れを取っています。
名古屋は既に鉄道網が充実しているとの声もありますが、以下の代表交通手段分担率(代表交通手段別構成比とは異なるものです)を見て頂ければわかりますが、鉄道の利便性が低いため名古屋市内であっても鉄道の利用比率は首都圏平均以下の値となっており、郊外都市にもなるとほぼ自動車が無ければ生活が成り立たない状態であることがわかります。




鉄道利用率 代表交通手段分担率
・参考資料:http://www.city.seto.aichi.jp/docs/2010111002380/files
       :https://www.mlit.go.jp




これらの不便な鉄道網を改善し、ネットワーク+コンパクトシティ時代の都市基盤を整備することと、モーダルシフトの推進、2027年に首都圏とリニアで繋がった際に首都圏から移住した方々が不便なく生活できることを前提に未来の名古屋の鉄道網を考えていきたいと思います。


ちなみに今まで「名古屋圏における高速鉄道を中心とする交通網の整備に関する基本計画について」などにより、様々な鉄道新線計画や延伸計画が出されてきましたが、現代のDID地区(人口集中地区)や市街地、人の流れを考慮するため、大きく変更している点や今までなかった路線も追加しています。

また、名古屋市内は市営地下鉄のみで建設するという名古屋市の方針があるようですが、現在では大阪や福井など他の都市では私鉄が参入していたりしますので、名古屋市も「市街地も鉄道も都市圏も自分の市内だけで完結」というような昔の地方都市のような閉鎖型都市計画ではなく、ここでは私鉄もJRも市内に新線敷設や延伸を行い、市外からも名古屋市へ集中し、名古屋が大都市圏の中枢であることを意識した路線網とします。

国土交通省 運輸政策審議会 答申図(三大都市圏)




CIMG8287_2017101200224612e.jpg
(参考画像:美しい住宅街が広がりながらも、公共交通網が不十分な都市 2014年6月13日撮影、愛知県日進市香久山)





●地下鉄東部線新設と名鉄瀬戸線延伸
個人的に現在の名古屋では東山線の名古屋駅から栄駅間の輸送力が不足しているということと、東部丘陵地帯(名古屋市守山区志段味、尾張旭市、長久手市、日進市、東郷町、豊明市)の郊外間は鉄道網が足りず、自動車利用が非常に多いこと、東部丘陵地帯の大学へはバスへの乗り換えが必要で通学ラッシュ時には非常に混雑することなどが気になります。

そのため、それらを解決するために現在、栄で止まっている名鉄瀬戸線を名古屋駅まで延伸し、刈谷や一宮などから名鉄のみで栄方面へ行けるようにし、東山線の混雑を緩和することや二重払いになっている運賃を1社のみの支払いにすることにより、心理的に栄へ更に出やすくする効果があります。
こうした点で東山線の利用者が激減してしまう懸念がありますが、伏見やその他の市営地下鉄沿線への乗り換えは東山線が便利なため、微減程度で済むのではと考えています。

また、以下の路線別駅間断面交通量の図を見ると、通勤通学時間帯のピーク時に名古屋都心部を通過する路線、区間はほぼ全てで1~6万人(緑、黄色)となっていますが、名鉄瀬戸線は大曽根から栄という都心部の区間で1万人以下の断面交通量と他路線に比べて空いているため、輸送力にも余裕があります。(※但し、都心結節点の喜多山から大曽根までは1~3万人の断面交通量で混雑しています。)
平成27年 大都市交通センサス

断面交通量 中心部





それら上記の内容から、名鉄瀬戸線栄町ー名鉄名古屋間の約3.5kmを延伸するだけで、更に便利で使いやすく、市外から栄にも出やすい路線網になるだけでなく、新たに郊外と都心を結ぶ長距離の地下鉄を掘らなくとも輸送力の増強が可能で、名古屋経済にもインパクトを与える公共投資になるのではと思います。

ちなみに地下鉄1kmあたりの建設費は200億円~350億円となっており、名鉄瀬戸線の延伸では約700億円~1225億円の建設費が必要になりますが、最近開通した仙台市営地下鉄東西線では2298億円(1kmあたり159.58億円)の建設費がかかっており、農地や住宅地を通る東西線に比べ、名鉄瀬戸線の延伸区間は名古屋の都心部になりますから、恐らく採算は合うのではと思います。(※仙台市営地下鉄が赤字覚悟での新線建設であれば採算性は不明)
・参考:日経コンストラクション 仙台市の地下鉄東西線、開業目標は来年12月6日に
・参考:新・都市計画概論 改定2版 加藤晃・竹内伝史編著 P157






本来であれば名鉄瀬戸線の延伸のみでもかなり大きな経済効果となりますし、地価の上昇も引き起こし、開発の機運が高まると思います。それに加え、更に近年勢いの増している長久手市や日進市、名古屋市守山区志段味地区から都心方面へのアクセスとそれらの名古屋外環部 諸都市間を結ぶ鉄道が存在していると移動の自由度が増しますからそれらについても考えます。


まずは名古屋都心部です。
リニア開通によって東海地方の一大拠点となる名古屋駅へ名鉄瀬戸線を延伸するほか、金城ふ頭など名古屋湾岸エリアの玄関口として機能する新都心「ささしまライブ」へは地下鉄東部線を新設、JR関西線やあおなみ線などと直通します。

この2つの路線は大須駅(大須観音駅東、白川公園南側付近)で平面での乗り換えを可能にし、利便性を高めるほか、名古屋駅から乗り換えなしで名古屋の代表的な観光地である大須へ行けるようにします。






DSC07994.jpg
(参考画像:新都心のような街並みのささしまライブ 2017年10月11日撮影、名古屋市ささしまライブ)




矢場町で名鉄瀬戸線と地下鉄東部線の並行区間は終わり、名鉄瀬戸線は栄町駅に接続、その後、森下駅で名鉄小牧線に接続します。(地下鉄上飯田線を森下まで延伸、名鉄化して小牧から栄、名駅まで同一運賃での移動を可能にし、所要時間を数分短縮します。)
地下鉄東部線の方は鶴舞駅で小牧、平安通、白壁、橦木町方面方面から延びてきた地下鉄と接続させ、利便性を高め、名古屋大学、高針方面へ伸ばします。



また、そのほかにも名鉄本線枇杷島ー金山間の複々線化(名駅通の車線減などで対処)によってスムーズな運行を実現し名古屋へ更に多くの人を運べるようにします。
またカーブが多く、老朽家屋も密集する名鉄瀬戸線の大曽根ー小幡間の高架化や線形改良、老朽家屋の集中する矢田や守山自衛隊前付近の再開発も同時に行えたら良いですね。
地下鉄東部線地図0002






勝手に大須駅の完成予想図を適当に作ってみます。
安全対策のため、ホームドアを設置するほか、今までの窮屈な地下駅ではなく、商業施設と一体化したような開放的な駅とし、大須の玄関口にします。
地下鉄東部線瀬戸線大須駅p0001






このように水平乗換にすることで利便性を向上させます。
個人的に東山線藤が丘駅とリニモ藤が丘駅もこのような乗り換えができたら便利で楽だと思いましたが、既に市街地の場合は地権者や既存建築物除去などで難しいものです。
地下鉄東部線瀬戸線大須駅p0002





矢田駅のみならず駅周辺はこのように都市型の商業施設を建て、駅から徒歩3-5分圏内には高層住宅や工場、業務施設を建てることによって、人の流れを創り出し、駅前を賑やかにします。
矢田駅の一日平均乗降客数は1,326人となっており、大曽根駅の隣の駅でありながらローカル感を醸し出しています。
ただ、名古屋近辺では珍しく川沿いに駅があるため、リバーサイドの再開発ができそう(自分が勝手に思っているだけです)ということもあり、勝手に再開発しました、ごめんなさい。

ただ、隣接する守山自衛隊前駅前もですが、駅周辺に都市の核がなく、賑わいもないどころか寂れた印象もあるため、災害対策と賑わい創出という二つの目的で再開発が期待されるほか、名鉄瀬戸線もカーブが多く低速運行で周辺の踏切も大渋滞を引き起こしているため、高架化と線形改良も必要です。
矢田駅移転線形改良





次は東部丘陵地帯の地下鉄東部線です。
地下鉄東山線の地位を維持するため、あえて星ヶ丘には接続しません。
ただし、その代わりに地下鉄東部線とそれに接続する市外の私鉄路線は愛知学院大学や愛知淑徳大学、名古屋学芸大学、椙山女学園大学のある長久手市南部から日進市を通り、更に香久山や梅森坂、高針といった住宅密集地を通します。
また、長久手古戦場でリニモと乗換できます。

ちなみに長久手はリニモが通っていますが、沿線の大学は藤が丘駅や本郷駅から出ている市バスや名鉄バスで通うのが一般的で、通学ラッシュの時間帯は愛知学院大学行きの藤が丘、愛知淑徳大学行きの本郷のバス停は非常に大混雑しています。

本郷のバス停で朝、酷い時は駅北側のバスターミナルからパン屋の目の前、、トイレの前、そして東山線の高架下、ぐるりと回り、行列は南側へ・・・本郷駅前のコンビニの目の前を横切り、南側からアトラスタワーへ抜ける高架下道路まで並んだことが何度かありました。本郷駅を使ったことがある人であれば想像がつくかと思いますが、悲惨です。
待ち時間にして約20分。そろそろ市バスの輸送力にも限界があります。
地下鉄東部線0003






長久手市より北側は長久手古戦場を経由したのち、長久手市役所、愛知医科大学、そして長久手高校やロードサイド商業地のある晴丘地区を経由します。
その後、尾張旭駅で名鉄瀬戸線と再度接続し、名古屋市守山区中志段味地区へと向かいます。
この路線ができることによって、頓挫、延期している中志段味地区の商業核の形成を促進し、志段味から名古屋方面への所要時間を大幅に短くします。
地下鉄東部線地図0006





少し前に放送されたボンビーガールという状況お引越し番組で守山区出身の方が出てきた際に、
「  森 や 田 ん ぼ だ ら け の 田 舎 町 」と名古屋市内が馬鹿にされていました。
名古屋市民や守山区民は志段味は村だと揶揄していますが、愛知県外から見れば守山区志段味も名古屋市です。

また、志段味方面から印場、藤が丘まで市バスがありますが、本数が少なく、バスのため定時性に欠けることなどから乗車率は低くなっており、この間は自家用車での移動が多くなっています。
志段味地区の商業施設や周辺の宅地化が進まないというのもありますから、鉄道網の充実は図って欲しいものですね。
(画像はツイッターから拝借)
moriyamainakasugihahahahah.jpg




名古屋駅方面へ延伸し、利便性が向上した名鉄瀬戸線を新瀬戸で分岐させ、約100haもの開発計画がある瀬戸市の鉱山採掘跡地(瀬戸グランドキャニオン)へ延伸し、暁・穴田企業団地を経由、名古屋学院大学や東京大学の演習林のある品野方面へ延伸することによって、移動を自動車から鉄道へシフトさせ、道路交通の渋滞軽減、道路面や駐車場などアスファルト面積増加の抑制、排気ガス削減(こちらは電気自動車によって解決可能)、死亡事故の減少などに貢献します。
更に勝手ですが、東京大学の演習林に東大のキャンパスの一部を「地方創生」目的で勝手に持ってきて、勝手に地方創世を推し進め、瀬戸市品野台から東濃にかけて学術研究機関の集まる文教都市へと変貌して欲しいものです。
地下鉄東部線地図0009





開発が行われる前に鉄道を敷くことにより、道路交通中心の社会になることを防ぎ、排気ガス削減や道路面積・駐車場面積の減少による照り返しの熱の削減を行う。
DSC01189.jpg
(参考画像:瀬戸グランドキャニオン 2017年6月11日撮影、愛知県瀬戸市)





変わってこちらは長久手市より南側、日進市や緑区、豊明市方面です。
こちら側もですが南北移動は自家用車が中心で地下鉄や鉄道はないため、三河方面へ抜けるのも全て自動車です。
沿線には宅地開発の進む東郷中央地区や藤田保健衛生大学などの施設もあり、利用者はそこそこ見込めるはずです。
田園地帯も多く、地上に電車を走らせることができれば建設費も安く済み、黒字化も期待できます。
地下鉄東部線0010







前後で名鉄名古屋本線と接続したのち、共和でJR東海道線、太田川で名鉄常滑線と接続します。
これによって今まで鉄道では迂回しなければならなかったルートが迂回することなく行けるようになり、自動車で移動していた層も鉄道へのシフトが一部進み、新たな需要を創出できるものかと思います。
地下鉄東部線0011







■その他、名古屋大都市圏の鉄道網こうなれば便利図
最後は考えた新規の路線網全てをマッピングしてみます。
赤は実現可能ではないかと思われる路線、黄色は愛知の鉄道利用比率が40%台でギリギリ黒字化できるのではと思われる路線、青は存在していれば便利な路線です。


●名古屋都心部
1.地下鉄東部線・私鉄東部線 関連路線:(ささしまライブ-大須-矢場町-鶴舞駅北-吹上-名古屋大学-高針)-
((北線)-香久山-愛知淑徳大学-愛知学院大学-長久手古戦場-長久手市役所-愛知医科大学-晴丘-尾張旭-森林公園-志段味-神領-中部大学-桃花台-小牧-岩倉- 一宮)
((南線)-赤池-勅使池北-藤田保健衛生大学-前後-桶狭間-共和-太田川)

2.名鉄瀬戸線延伸:(栄町-大須-名鉄名古屋)

3.地下鉄桜通線東側の延伸:(徳重-勅使池北-東郷町役場付近-みよし市役所付近-トヨタ自動車明知工場-トヨタ自動車下山工場-トヨタ自動車堤工場-土橋-豊田市)

4.地下鉄桜通線西側の延伸:(中村区役所-中村公園-大治町役場付近-七宝付近-津島-木曽三川公園-多度-いなべ楚原-三里または大安デンソー付近)

5.地下鉄名古屋外環線:(高針-極楽-藤が丘-本地が丘-四軒家-森孝-喜多山-白沢渓谷-勝川-味美-豊山・名古屋中央卸売市場-西春-清州)

6.名鉄小牧線・地下鉄上飯田線延伸:(平安通-森下(※ここまで名鉄化、以後市営地下鉄) -東白壁-新栄町-鶴舞駅北-高辻-堀田-笠寺)、(分岐支線:高辻-熱田-六番町-中島-高杉-戸田)

7.名古屋空港アクセス線:(黒川-城北-楠-豊山・名古屋中央卸売市場-名古屋空港)

8.地下鉄東山線茶屋方面延伸:(高畑-高杉-南陽-茶屋・イオンモール付近)
daitokainagoya0000tetudoumousou.png



●名古屋北部、尾張地方
1.地下鉄東部線・私鉄東部線 関連路線:(ささしまライブ-大須-矢場町-鶴舞駅北-吹上-名古屋大学-高針)-
((北線)-香久山-愛知淑徳大学-愛知学院大学-長久手古戦場-長久手市役所-愛知医科大学-晴丘-尾張旭-森林公園-志段味-神領-中部大学-桃花台-小牧-岩倉- 一宮)
((南線)-赤池-勅使池北-藤田保健衛生大学-前後-桶狭間-共和-太田川)

2.名古屋空港アクセス線:(黒川-城北-楠-豊山・名古屋中央卸売市場-名古屋空港)

3.名鉄小牧線・地下鉄上飯田線延伸:(平安通-森下(※ここまで名鉄化、以後市営地下鉄) -東白壁-新栄町-鶴舞駅北-高辻-堀田-笠寺)、(分岐支線:高辻-熱田-六番町-中島-高杉-戸田)

4.名鉄瀬戸線支線:(新瀬戸-鉱山採掘跡地開発計画区域-暁穴田企業団地-品野台)

5.春日井・小牧縦断線:(名古屋空港-名鉄春日井-春日井市民病院-桃花台-小牧温水プール-明治村-西可児)

6.地下鉄名古屋外環線:(高針-極楽-藤が丘-本地が丘-四軒家-森孝-喜多山-白沢渓谷-勝川-味美-豊山・名古屋中央卸売市場-西春-清州)

7.リニモ延伸:(八草-愛知工業大学-赤津-岩屋堂-品野台)
owarinoubi0000tetudoumousou.png



●三河地方
1.地下鉄東部線・私鉄東部線 関連路線:(ささしまライブ-大須-矢場町-鶴舞駅北-吹上-名古屋大学-高針)-
((北線)-香久山-愛知淑徳大学-愛知学院大学-長久手古戦場-長久手市役所-愛知医科大学-晴丘-尾張旭-森林公園-志段味-神領-中部大学-桃花台-小牧-岩倉- 一宮)
((南線)-赤池-勅使池北-藤田保健衛生大学-前後-桶狭間-共和-太田川)

2.地下鉄桜通線東側の延伸:(徳重-勅使池北-東郷町役場付近-みよし市役所付近-トヨタ自動車明知工場-トヨタ自動車下山工場-トヨタ自動車堤工場-土橋-豊田市)

3.南部縦断線:(東岡崎-岡崎-竜美-六ツ美中付近-西尾-田貫-碧南-半田-知多半田-常滑-(赤字経営の海底トンネル)-鈴鹿)

4.豊明安城線:(前後-愛知教育大学-トヨタ自動車高岡工場-若林-新安城)
mikawawawa0000tetudoumousou.png




●名古屋湾岸、四日市方面
1.あおなみ線延伸:(金城ふ頭-飛島村工業地帯-ナガシマスパーランド-富田・近鉄富田)

2.地下鉄桜通線西側の延伸:(中村区役所-中村公園-大治町役場付近-七宝付近-津島-木曽三川公園-多度-いなべ楚原-三里または大安デンソー付近)
miemie0000tetudoumousou.png





●岐阜
1.地下鉄岐阜線新設:(岐阜-柳ケ瀬-岐阜メモリアルセンター -MASA21付近-岐阜大学)
syokuminnchi0000tetudoumousou.png







●三河南部
1.南部縦断線:(東岡崎-岡崎-竜美-六ツ美中付近-西尾-田貫-碧南-半田-知多半田-常滑-(赤字経営の海底トンネル)-鈴鹿)
bubuhikouki0000tetudoumousou.png




●伊勢湾、鈴鹿
1.南部縦断線:(東岡崎-岡崎-竜美-六ツ美中付近-西尾-田貫-碧南-半田-知多半田-常滑-(赤字経営の海底トンネル)-鈴鹿)
isewan0000tetudoumousou.png




●東濃
1.東濃鉄道の新設(品野台-笠原-土岐プレミアムアウトレット-駄知-瑞浪稲津-東野-美乃坂本)
※リニア東濃開発区域として国際的な学術研究都市として整備し、アジアのシリコンバレーとして開発を行う。
tounoueria0000tetudoumousou.png



終わりです。
中には実現可能なものも黒字化が可能なものもあるかもしれませんが、殆ど空想上の鉄道網です。
一応、人の流れやDID地区を考慮して路線を組み合わせましたが、現在の鉄道利用比率や人口では到底運営することはできないでしょう。

途中、面白おかしく記事を書いてみましたが、道路網だけでなく、大量輸送が可能な鉄道網も整備することによって名古屋がより都会的で華やかな都市になって欲しいという願いは変わりません。





DSC07747_20171012003549d5d.jpg
(参考画像:区画整理事業が行われ、開発の進む郊外都市 2017年10月9日撮影、愛知県東郷町)




都市開発や不動産という視点においても、東京オリンピックが終わると、もう先が無いかのように語られており、リニア開通と名古屋都市圏内の鉄道網の大規模改造によって、名古屋に多額の投資がなされるくらい注目されれば日本経済も冷え込まずに済むのではないかと思います。

個人的には地下鉄東部線と名鉄瀬戸線の延伸は黒字化も可能で実現性が高いのではないかと思い、特に注目しましたが、現実では市営地下鉄も名鉄もJRも新たな路線は敷かないという方向性です。



また、過去にはピーチライナーの廃線など新線建設に着手しにくいものもあります。
個人的にピーチライナーの失敗は通常の鉄道と違い、新交通システムのために維持管理に経費が掛かりすぎたのではないかということや、小牧駅での乗り継ぎが不便であったこと、そもそも当時、小牧線は上飯田までで平安通まで歩かなくてはならなかったこと等、失敗した原因は多々あります。
最近では一般的な鉄道のあおなみ線は黒字化(2013年度の営業係数は87.2)を達成しており、名古屋であっても一般的な鉄道であれば黒字化も不可能ではないことが分かります。
参考資料:東洋経済オンライン 100円稼ぐのに1224円必要な鉄道があった! 中小私鉄からケーブルカーまで営業係数比較




地下鉄東部線の新設や名鉄瀬戸線の延伸の他にも小牧線の延伸やあおなみ線のナガシマスパーランド方面への延伸などいくつか実現できるのではないかというものもあります。

今後、どうなるかはわかりませんが愛知・名古屋の発展には期待しています。



ご清聴ありがとうございました。


整理番号  - - -
スポンサーサイト

6 Comment

天白区の人  

No title

名古屋市交通局はもう地下鉄網の新設は行わないと思います。
少子化で利用人口の減少が目に見えていること、既存の鉄道施設の保守・リニューアルに莫大なお金がかかることなどが原因です。
やるとしたら上飯田線の平安通~車道駅までの延伸くらいでは?
あとLRTなどの新交通システムを利用して東部線(おそらく名古屋高速に沿って栄から高針方面へ延伸)
やC-758系統の代わりの路線を作るのでしょうか?
守山区の人口が増えてくればゆとりーとラインの高架区間は鉄道に置き換わる可能性はあります。(もともとそれが前提の路線ですので)
あと市バスですが、名古屋市交通局はあくまで(名古屋市内)にこだわりすぎて周辺市町村への路線延長が少なすぎます。

日進市香久山へも路線延長はできると思うのですが。
これは名鉄バスとの協定があるのかもしれません。
幹星丘1系統は、星ヶ丘→梅森荘(現在の終点)→香久山(新しい終点)でもいいと思うんです。
梅森荘11棟と12棟の間に道があり、その先には名古屋市・日進市境をまたがるところに門木橋という橋が掛かっています。そこを超えると香久山です。
ちゃんとバスが通れる幅はあります。

門木橋のあたりには、昨年まで日進市が運営する「くるりんバス」のバス停もありました。現在はなくなりましたが。

あと、バスターミナルがあっても市バス路線数が極端に少ない所もあります。(地下鉄相生山駅など)

ちなみに地下鉄相生山駅の”隣”の地下鉄鳴子北駅は市バス7路線も乗り入れています(ここは野並車庫と併設の施設のため)

あと少し延伸すれば大幅に乗り継ぎが改善する所、19時以降の時刻表が地下鉄との乗り継ぎをほぼ考慮していない所は見直さないとダメだと思います。
(地下鉄ホームから地上バスターミナル または バス停まで4分程度で行けると計算されているところが多いが、実際はそれ以上かかる)

2017/10/12 (Thu) 20:26 | EDIT | REPLY |   

コメダ  

No title

グーグルマップの名古屋を見ると、街中の道路の広さ、駐車場の多さは関東関西はもとより、札仙広福と比べても突出してますね。
人間は基本楽な方を選ぶので、名古屋の場合街中に車で行くほうが便利(道路が広く走りやすい、駐車場が多い、安い等)な街づくりをしてきた結果でしょうね。
あとは、いい加減イオンのような店舗の出店を規制すべきかと。名古屋市内だけで何店舗あるんだって話ですよね。

2017/10/12 (Thu) 21:39 | EDIT | REPLY |   

-  

No title

電車が便利にしたけりゃ駅の近くに住めばいいだけ。
仮に新線作ったとしても賃料が上がったり、一軒家を持ちたい人は結局郊外に住むだろう。
彼らはイオンモールがあればいいのです。
街の商店街は今や求められていない
やる気のない商店街はどんどん潰してイオンモールを
立てまくるのを名古屋市民は望んでいるようです。
もう名古屋市全域イオンモールでいいんじゃないでしょうか?

2017/10/13 (Fri) 01:36 | EDIT | REPLY |   

-  

名鉄瀬戸線延伸は大須から北上し、円頓寺あたりも通し、名駅の北からセントレア方面に接続し、世界から大須や栄、瀬戸方面へ人を呼び込み、「中部国際空港ー尾張瀬戸」間の列車を「セラミックライン」と名付けて走らせるのは、どうでしょうか?

2018/04/23 (Mon) 21:26 | EDIT | REPLY |   

きりぼう  

Re:

今流行りの~ラインという名称ですね!
個人的には陶芸都市ラインでも良かったかなとも思いますが、カナ文字で統一してるほうが美しいですね!

2018/04/24 (Tue) 08:03 | EDIT | REPLY |   

西三河在住  

はじめまして

 突然のコメント、失礼します。
 きっと、愛知在住・名鉄沿線育ちならば誰しもが一度は考える「瀬戸線の本線接続・名鉄ネットワーク編入」。良いですね。

 ただし…この案では物理的に無理なはずです。と言うのは…瀬戸線栄町駅の南には東山線の躯体がほぼ同じ深さで遮っているからなんです。大阪の淀屋橋駅と同様の理由です。
 栄町駅直下に新ホームを造るのも良いですが…それならば、東大手あたりからルートを大津通り下にして南下し、若宮大通りの白川公園(この記事では大須駅)・名駅へ…と言うのが良いでしょう。
 大津通は地下街がなく、住吉・三蔵と栄の境目なので人通りも多く、月一で歩行者天国もやっている賑わった通りです。

 では、廃線となってしまう東大手-栄町間は?というと…出来町通と交差しています。出来町通りといえば、国内初の都市部BRT線である引山線がありますので、コレを直通させ、なおかつ旭丘あたりからJR中央線沿いにゆとりーとライン大曽根まで路線を伸ばし、引山だけでなく小幡・志段味からも乗り入れさせて名古屋北東部方面の郊外バスターミナルとするのが良いでしょう。都合の良いことに、栄町駅の真横はバスターミナルである「オアシス21」ですから。
 バスの排気ガスが問題なら、引山線・ゆとりーとラインを「ライトレール化」するのも一考です。

 さらにですが、上飯田線の平安通以南も…今の新栄町経由の計画では、前に進むことはないでしょう。なので、この出来町通り・大津通り経由にして(平安通・森下・徳川・白壁・大津町…)久屋大通・栄の駅は共用、矢場町交差点に「若宮大通」駅、上前津を通って名鉄金山引き上げ線に結び、岡崎・知多方面と直通ってのが良いでしょう。この時、白壁交差点のBRT路盤を地下立体化し、白壁駅改札コンコースに地下バス停(ライトレール化されたら電停)を設けるべきでしょう。
 現時点でも知多方面の特急は名鉄名古屋止まりでもったいないのですが、栄経由で小牧・犬山方面と直通できればこちらが主流になるでしょう。

 名駅・金山の混雑緩和には間違いなく寄与しますし、名駅からの分岐・直通なら名駅までお客さんを運びたい名鉄の利害とも一致します。それだけでなく、スピード・運賃でJRに負けている名岐間から栄など名古屋中心まで直通できるのはJRにはないメリットになります。
 岐阜-尾張瀬戸間直通の一部特別車特急が走ることでしょう。

 この記事の案は提言としては優れていますが、いささか「手を広げすぎ」な感じを受けました。名古屋の外環状部は、通常鉄道よりも中量交通機関…なかんづくHSST(リニモ)の輸送力くらいが適正なんですよ。なので、プレメトロ方式でBRTから整備するのが現実的でしょう。

 お暇がある時に、国内だけでなく海外(特にクルマ社会のアメリカやトルコでは路面電車・ライトレールを新設した街が多い!)の事例も見て、リメイク・改訂版が出ることを楽しみにしています。

 

2018/05/31 (Thu) 14:20 | EDIT | REPLY |   

Post a comment