名古屋三交ビル建替え計画

  •   04, 2017 14:02
  •  0
  •  0
名古屋三交ビル建替え計画は愛知県名古屋市中村区名駅で計画されている16階建ての高層ビルで、現在、現地に建っている名古屋三交ビルの再開発計画です。
建て替え後のビルは地下鉄桜通線国際センター駅の地下コンコースから直結するほか、1階には商業施設、2-7階にはオフィス、8-16階にはホテルである三交イン Grandeが入る計画となっています。







◆参考資料、引用元
「名古屋三交ビル建替え計画」のお知らせ











■概要
・名称  名古屋三交ビル 建て替え計画
・所在地 愛知県名古屋市中村区名駅三丁目21番7
・階数  地上16階、地下1階建て
・高さ  ---
・構造  ---
・敷地面積 1,227.48㎡
・建築面積 ---
・延床面積 ---
・着工  2018年7月(2017年7月解体着手) 
・竣工  2020年6月
・設計  ---
・建築主 三重交通グループホールディングス、三交不動産
・施工  ---
・最寄駅 国際センター、名古屋、名鉄名古屋、近鉄名古屋
(2017年9月3日撮影)













名古屋三交ビルのエントランス前です。
建物は既に閉鎖され、シャッターが閉じられていました。






北側から見た名古屋三交ビル 建て替え計画です。
現在、北西側は解体用の足場が組まれ、外壁が見えなくなっています。








周辺は立体駐車場なども多く、今後、リニア開通までに桜通沿い・東西方向にも超高層ビルが建ち並んでいけば、より都会的な都市景観が生み出されるものかと思います。



整理番号B-0536-02
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment