ヴィー・クオレ レジデンス栄二丁目

  •   26, 2017 08:09
  •  0
  •  0
ヴィー・クオレ レジデンス栄二丁目は愛知県名古屋市中区栄で建設中の19階建て、高さ59.96mの高層マンションで、名古屋市科学館の少し北側に立地します。






◆参考資料、引用元
ヴィー・クオレ レジデンス栄二丁目 公式サイト



◆過去の記事
→2017年1月20日投稿 ヴィー・クオレ レジデンス












■概要
・名称  ヴィー・クオレ レジデンス栄二丁目
・所在地 愛知県名古屋市中区栄二丁目719番
・階数  地上19階、地下1階建て
・高さ  59.96m
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 64戸、店舗4戸
・敷地面積 690.38㎡
・建築面積 470.75㎡
・延床面積 6,362.04㎡
・着工  2017年2月28日頃
・竣工  2019年2月下旬
・建築主 宝交通
・設計  大嶽達郎建築設計事務所
・施工  徳倉建設
・最寄駅 伏見、栄
(2017年8月8日撮影)











東側から見た建設中のヴィー・クオレ レジデンス栄二丁目の様子です。
公式サイトがオープンしましたが、資料請求した人のみが閲覧できるシステムとなっており、都心部や高級住宅地などで近年流行している「物件を購入する可能性の高い人」や「投資などを行えるような高所得者層」に限定した販売手法となっています。







伏見から栄周辺には空き地が多数あり、今後も高層マンションや超高層タワーマンションの建設が続くものと思われます。
ただ、都心部なので商業機能も複合して誘致できると良いところです。



整理番号B-0473-02
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment