福岡タワー

  •   06, 2017 09:22
  •  0
  •  0
福岡タワーは福岡県福岡市早良区百道浜に建つ5階建て、高さ234mのランドマークタワー(自立式電波鉄塔)で、日本国内で最も高い海浜タワーとなっています。
1989年に開催されたアジア太平洋博覧会に合わせて建設され、高さ123mの場所には展望室も設置されています。




◆参考資料、引用元
日建設計 福岡タワー





DSC09171 hukuoka







■概要
・名称  福岡タワー
・所在地 福岡市早良区百道浜2丁目3番26
・階数  地上5階建て
・高さ  234m
・構造  鉄骨造
・敷地面積 12,000.00㎡
・建築面積 3,093.29㎡
・延床面積 6,080.87㎡
・着工  1987年12月 
・竣工  1989年2月
・設計  日建設計
・建築主 福岡タワー株式会社
・施工  大成・竹中・清水・鹿島・大林建設工事共同企業体
・最寄駅 藤崎、福岡タワー(バス停)
(2016年12月30日撮影)












西側から見た福岡タワーです。
外観デザインは8000枚のハーフミラーで覆われた一辺が24mの正三角柱の建物形状で、三角柱の上部には福岡市の市章があるようです。

また、風速63m/秒、震度7に耐えうる設計となっており、地下部25,000トンに対して地上部分は3,500トンという下の部分が重い安定した構造で堅固な設計です。







展望室です。
海浜タワーとしては日本で最も高く、福岡の街並みや博多湾などを望めます。









南側から見上げた福岡タワーです。
平面が正三角形をしたタワーなので見る角度によって建物形状が異なって見えます。







建物地上部分です。
エントランスなどがあります。








ガラスはハーフミラータイプのガラスを用いており、空の青色と建物内部の影が合わさり、藍色?に反射していています。







電波鉄塔部分です。
ここにはNHK福岡放送局(テレビ・ラジオFM放送)、RKBテレビ、KBCテレビ、テレビ西日本の福岡親局送信設備が取り付けられているようです。


整理番号B-0531-01
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment