学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画

  •   08, 2017 07:41
  •  0
  •  0
学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画は神奈川県川崎市中原区小杉町の武蔵小杉駅北西側、日本医科大学武蔵小杉キャンパス跡地を再開発して建設される50階建て、高さ約180m、総戸数1500戸規模の大規模超高層タワーマンションです。





◆過去の記事
→2016年5月26日投稿 学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画














■概要
・名称  学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画
・所在地 神奈川県川崎市中原区小杉町一丁目304番2外82筆の一部
・階数  地上50階、地下1階建て(C街区)
・高さ   180m
・構造  鉄筋コンクリート造、鉄骨造
・総戸数 1500戸
・敷地面積 20,178.29㎡(C街区)
・建築面積 10,500.00㎡(C街区)
・延床面積 174,800.00㎡(C街区)
・着工  2017年3月1日
・竣工  2023年8月末日
・建築主 学校法人日本医科大学
・施工  未定
・最寄駅 武蔵小杉、新丸子
(2016年5月2日撮影)














建築計画の概要板です。







現、日本医科大学武蔵小杉キャンパスです。
撮影時はまだ既存建築物の解体が始まっておりませんでした。







奥に見える超高層ビルの武蔵小杉タワープレイス(23階建て、高さ100m)を80m上回る超高層タワーマンションになります。




整理番号B-0400-02
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment