(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)

  •   24, 2017 07:46
  •  0
  •  0
(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)は東京都中央区日本橋で建設中の32階建て、高さ174.666mの超高層ビルで参加組合員として三井不動産を中心に太陽生命保険、帝国繊維が参加しています。

また、「都心型スマートシティ」戦略により、金融や医薬といった産業が集積するビジネス街としてだけでなく、歴史・文化・コミュニティといった日本橋の強みを活かし、海外の都市と比較しても競争優位性の高い、国際的に魅力ある都市に東京を進化させるためのプロジェクトでもあります。







■過去の記事
→2015年5月26日投稿 (仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)
→2016年5月17日投稿 (仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)
→2016年12月4日投稿 (仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)
→2017年3月21日投稿 (仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)










■概要
・名称  (仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)
・所在地 東京都中央区日本橋二丁目5番1、6番1他
・階数  地上32階、地下5階建て
・高さ  174.666m
・構造  鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造(制震構造)
・敷地面積 6,023.84㎡
・建築面積 5,300.72㎡
・延床面積 147,762.17㎡
・着工  2014年12月22日
・竣工  2018年12月下旬
・設計  日本橋二丁目再開発事業 日本設計・プランテック設計共同体
・建築主 日本橋二丁目地区市街地再開発組合(参加組合員:三井不動産、太陽生命保険、帝国繊維)
・施工  鹿島建設
・最寄駅 日本橋
(2017年5月撮影)











北西側から見上げた建設中の(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)です。
外観デザインはOne World Trade Centerなどを手掛けた「Skidmore, Owings & Merrill LLP(SOM)」によってデザインされています。

カーテンウォールはダーク系のガラスを用いており、表面が暗いため、周囲の一部風景が反射して見えることもあります。







北側から見た建設中の(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)です。









北側に建つ東京日本橋タワーとは平行に建てられているものかと思っていましたが、そういう訳では無さそうです。








東側から見上げた(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)です。
かなりの勢いで伸びていき、完全に見上げるような状態となりました。


整理番号B-0316-05
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment