(仮称)丸の内1-3計画

  •   12, 2017 07:44
  •  0
  •  0
(仮称)丸の内1-3計画は東京都千代田区丸の内で建設中の29階建て、高さ149.70mの超高層ビルで、「銀行会館」、「東京銀行協会ビル」、「みずほ銀行前本店ビル」を再開発し、跡地には商業施設と事務所、駐車場の入るタワー棟と商業施設と事務所の入るアネックス棟が建設されます。











■概要
・名称  (仮称)丸の内1-3計画
・所在地 東京都千代田区丸の内1丁目8番1
・階数  地上29階、地下4階建て
・高さ  149.70m(建物高さまたは軒高さ:139.945m)
・構造  鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
・敷地面積 11,237.35㎡
・建築面積 8,650.34㎡
・延床面積 180,650.32㎡
・着工  2017年12月上旬予定
・竣工  2020年9月下旬予定
・建築主 みずほフィナンシャルグループ、全国銀行協会、三菱地所
・設計  三菱地所設計
・施工  大成建設
・最寄駅 大手町、東京
(2017年4月1日撮影)











建築計画の概要板です。








解体中の「みずほ銀行前本店ビル」です。
1974年に日本興業銀行の本店ビルとして竣工し、南北に細長い敷地に建っていました。








解体中の「東京銀行協会ビル」です。
東京銀行協会ビルは20階建て、高さ82mの超高層ビルで1993年に竣工したまだそこそこ新しい高層ビルでしたが、一体的な再開発により、解体されています。








再開発街区東側の丸の内仲通りです。
新緑の美しい通りで、街灯やベンチなどのストリートファニチャーも統一されているため、景観が美しくなっています。



整理番号B-0525-01
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment