虎ノ門・麻布台地区再開発

  •   25, 2017 07:42
  •  2
  •  0
虎ノ門・麻布台地区再開発は東京都港区虎ノ門、麻布台で虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合(事業協力者:森ビル)によって計画されている超高層複合型施設で、オフィスや住宅の入る65階建て、高さ330mのA街区、住宅主体の63階建て、高さ270mのB-1街区、53階建て、高さ240mのB-2街区が建設され、他にも中低層のC街区もあります。

区域内の道路や歩行者ネットワークの整備、地形を生かした大規模な緑地や広場の整備、密集した木造建物の解消などを図る。住宅は合計1,300戸を計画。外国人の居住・滞在者に対応した施設の整備も進める計画となっています。







◆参考資料、引用元
日刊建設工業新聞 虎ノ門・麻布台地区再開発/高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画/準備組合
森ビル 都市再生特別地区(虎ノ門・麻布台地区) 都市計画(素案)の概要











■概要(虎ノ門・麻布台地区 A街区)
・名称  虎ノ門・麻布台地区 A街区
・所在地 東京都港区虎ノ門五丁目、麻布台一丁目及び六本木三丁目各地内
・階数  地上65階、地下5階建て
・高さ  330m
・構造  ---
・総戸数 約80戸
・敷地面積 約24,100㎡
・建築面積 ---
・延床面積 約449,000㎡
・着工  2018年度予定
・竣工  2022年度予定
・建築主 虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合(事業協力者:森ビル)
・設計 ---
・施工  ---
・最寄駅 神谷町、六本木一丁目





■概要
・名称  虎ノ門・麻布台地区 B-1街区
・所在地 東京都港区虎ノ門五丁目、麻布台一丁目及び六本木三丁目各地内
・階数  地上63階、地下4階建て
・高さ  270m
・構造  ---
・総戸数 マンション部分全体で1300戸
・敷地面積 約9,600㎡
・建築面積 ---
・延床面積 約170,500㎡
・着工  2018年度予定
・竣工  2022年度予定
・建築主 虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合(事業協力者:森ビル)
・設計 ---
・施工  ---
・最寄駅 神谷町、六本木一丁目






■概要
・名称  虎ノ門・麻布台地区 B-2街区
・所在地 東京都港区虎ノ門五丁目、麻布台一丁目及び六本木三丁目各地内
・階数  地上53階、地下5階建て
・高さ  240m
・構造  ---
・総戸数 マンション部分全体で1300戸
・敷地面積 約16,500㎡
・建築面積 ---
・延床面積 約155,500㎡
・着工  2018年度予定
・竣工  2022年度予定
・建築主 虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合(事業協力者:森ビル)
・設計 ---
・施工  ---
・最寄駅 神谷町、六本木一丁目
(2017年2月17日撮影)







虎ノ門・麻布台地区再開発の計画地配置図です。
A街区、B街区が超高層棟となります。








拝借した断面図です。
虎ノ門・麻布台地区A街区はオフィス(事務所)がメインで入り、低層部分に国際教育施設インターナショナルスクール)、生活支援・国際交流施設が入り、地下には地域冷暖房施設も入ります。









現在の虎ノ門・麻布台地区A街区計画地の様子です。
まだ既存建築物が残っています。








こちらは虎ノ門・麻布台地区B街区予定地周辺です。









計画地は傾斜地になっており、落合坂という坂になっています。









敷地東側(桜田通り)から見た完成予想パースです。周辺の緑化空間と連携する約2haの緑化空間を整備するほか、八幡神社の斜面地など、地形の記憶を継承する緑化空間の整備も行われます。








世界貿易センタービルから見た虎ノ門・麻布台地区の完成予想パースです。
分棟化され、丸みを帯びたデザインの超高層ビルがリズミカルに配置され、周囲の景観と調和しています。

容積率建ぺい率から建物規模が決まりますが、ただの箱を置いただけでは景観へ与える影響が大きく、デザインや超高層ビルのそのもののプロポーションが決まってきます。

あまりにも横長で太く、厚みがあると圧迫感があり、細すぎると不安定なバランスになります。
ですので、超高層ビルのデザインは難しいですね。





整理番号B-0517-01
スポンサーサイト

2 Comment

おろろN  

No title

東京は何気に300超級時代に入ってるんですね・・・

2017/04/25 (Tue) 21:32 | EDIT | REPLY |   

きりぼう  

Re: No title

そうなんですよね。
東京も大阪も超高層ビルは高さ300m級の時代です。
とはいえ、世界は500m級超高層ビルも建設が続けられています。グローバル化と叫ぶならこういった建築の面でもグローバル化していって欲しいものですよね。

2017/04/25 (Tue) 21:36 | EDIT | REPLY |   

Post a comment