芝浦アイランド ケープタワー

  •   24, 2017 08:04
  •  0
  •  0
芝浦アイランド ケープタワーは東京都港区の芝浦アイランドに建つ48階建て、高さ161.00m、総戸数1095戸の超高層タワーマンションで、三井不動産が中心となって官・公・民の連携によって総戸数約3800戸規模のまちづくりが行われた、芝浦アイランドの超高層マンションでは最も戸数が多い棟になります。

トライスター型と呼ばれる上空から見るとY字型の外観デザインが特徴的で、芝浦アイランド南側のシンボルとなっています。













■概要
・名称  芝浦アイランド ケープタワー
・所在地 東京都港区芝浦四丁目19番1
・階数  地上48階、地下1階建て
・高さ  161.00m(軒高154.60m)
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 1095戸
・敷地面積 16,908.83㎡
・建築面積 8,149.88㎡
・延床面積 139,812.92㎡
・着工  2004年5月12日 
・竣工  2006年11月16日
・建築主 三井不動産レジデンシャル、三菱商事、オリックス・リアルエステート、住友商事、新日鉄都市開発 、伊藤忠都市開発 
・設計 鹿島建設
・施工  鹿島建設 
・最寄駅 田町、三田、芝浦ふ頭
(2016年8月17日撮影)











北西側から見た芝浦アイランド ケープタワーです。
トライスター型タワーマンションは見る角度により縦横比率が異なるだけでなく、一層あたりの戸数を増やせるという利点もあります。
ちなみに手前は東京モノレールの軌道です。






逆梁工法のためか柱梁が表に出てきており、重厚な印象を与えます。









芝浦アイランド ケープタワーのエントランスアプローチです。
芝浦アイランド ケープタワーの共用施設はラウンジやゲストルーム、パーティールーム、キッズルームなどの施設の他に規模を活かしたコンシェルジュサービスやコンビニの設置、AEDの設置などが行われています。






芝浦アイランド ケープタワーは44.1㎡-167.25㎡、1K-3LDK+Sという構成となっており、新築時販売価格2190万円-1億8320万円だったようです。


整理番号B-0516-01
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment