(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事

  •   31, 2017 07:47
  •  0
  •  0
(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事は神奈川県横浜市西区南幸の「横浜CIAL」と「横浜エクセルホテル東急」跡地を再開発して建設中の26階建て、高さ132.264mの超高層ビルで、横浜駅西口の駅舎兼駅ビルとなります。





◆過去の記事
→2015年9月18日投稿 (仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事
→2016年12月29日投稿 (仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事












■概要
・名称  (仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事 駅前棟
・所在地 神奈川県横浜市西区南幸一丁目1番2他
・階数  地上29階、地下3階建て(駅前棟)、地上9階(鶴屋町棟)
・高さ  132.264m(駅前棟)、最高部約31m(鶴屋町棟)
・構造  鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
・敷地面積 8,675.17㎡
・建築面積 7,251.14㎡
・延床面積 97,454.82㎡
・着工  2015年10月19日
・竣工  2020年3月31日予定
・建築主 東日本旅客鉄道
・設計 ジェイアール東日本建築設計事務所
・施工  竹中工務店
・最寄駅 横浜
(2017年3月18日撮影)













北側から見た建設中の(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事の様子です。
超高層ビルとなるのは敷地北側半分で、写真の場所には商業施設が入り、6階と12階には屋上広場が整備されます。







超高層ビルの建つ敷地北東側です。
超高層が建つ側も鉄骨立方が始まりました。



整理番号B-0357-03
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment