目黒駅前地区第一種市街地再開発事業A敷地 施設建築物新築工事 オフィス棟

  •   24, 2017 06:47
  •  0
  •  0
目黒駅前地区第一種市街地再開発事業A敷地 施設建築物新築工事 オフィス棟は東京都品川区上大崎で建設中の27階建て、高さ約135mの超高層ビルでBrillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒)ノースレジデンスと同一敷地に建つオフィス棟となります。
現在、この目黒駅前地区第一種市街地再開発事業A敷地 施設建築物新築工事 オフィス棟が再開発区域で最も建設が進んでいます。







◆過去の記事
→2015年3月12日投稿 Brillia Towers 目黒(ブリリアタワーズ目黒)
→2016年4月7日投稿 目黒駅前地区第一種市街地再開発事業A敷地 施設建築物新築工事 オフィス棟
→2016年11月17日投稿 目黒駅前地区第一種市街地再開発事業A敷地 施設建築物新築工事 オフィス棟












■概要
・名称  目黒駅前地区第一種市街地再開発事業A敷地 施設建築物新築工事 オフィス棟
・所在地 東京都品川区上大崎3丁目1番
・階数  地上27階、地下2階建て
・高さ  約135m(詳細不明/高さ推定)
・構造  鉄筋コンクリート造、鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
・敷地面積 11,674.37㎡
・建築面積 6,089.90㎡
・延床面積 126,671.42㎡
・着工  2014年8月1日
・竣工  2017年11月30日予定
・設計  大成建設・竹中工務店設計共同企業体
・建築主 目黒駅前地区市街地再開発組合(東京建物、首都圏不燃建築公社)
・施工  大成・竹中建設共同企業体
・最寄駅 目黒
(2017年3月3日撮影)










西側から見上げた目黒駅前地区第一種市街地再開発事業A敷地 施設建築物新築工事 オフィス棟です。
アルミカーテンウォールの方立が格子状に配された一般的な外観のオフィスビルです。







エントランス部分のピロティ空間です。
三層吹き抜けの空間が開放的で、ガラス張りの外観と白い列柱の組み合わせが現代的な印象を与えています。






エントランス奥の低層部分にはカフェやレストラン、物販などの入る商業施設となる計画です。








南側はブリリアタワーズ目黒ノースレジデンスが建っているため、目黒駅前地区第一種市街地再開発事業A敷地 施設建築物新築工事 オフィス棟の南側壁面は窓がほとんどありませんでした。



整理番号Bー0294oー03
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment