渋谷ストリーム

  •   01, 2017 07:50
  •  0
  •  0
渋谷ストリームは東急東横線の高架線路跡地に計画されている地上36階建て、高さ179.95mの超高層ビルです。
フロア構成は1-3階は商業施設、4階には、コワーキングスペースとスモールオフィスで構成されるインキュベーションオフィス、6階にカンファレンスフロア、9階から13階は客室数約180室の東急ホテルズ運営のシティホテルが入居、14-35階はオフィスフロアとなる計画です。





◆参考資料、引用元
東横線跡地開発「渋谷駅南街区プロジェクト」の施設名称が
「渋谷ストリーム(SHIBUYA STREAM)」に決定






■過去の記事
→2014年12月16日投稿 (仮称)渋谷駅南街区プロジェクト B-1棟
→2015年12月16日投稿 (仮称)渋谷駅南街区プロジェクト B-1棟
→2016年3月26日投稿 (仮称)渋谷駅南街区プロジェクト B-1棟












■概要
・名称  渋谷ストリーム
・所在地 東京都渋谷区渋谷3丁目49番1
・階数  地上36階、地下4階
・高さ  179.95m
・構造  鉄骨造、(一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
・敷地面積 4,774.52㎡
・建築面積 4,304.11㎡
・延床面積 108,778.50㎡
・着工  2015年8月上旬
・竣工  2018年7月末日予定
・建築主 東京急行電鉄、鈴基恒産、名取 康治、名取 政俊、山善商事、叶不動産、渋谷丸十池田製パン、清風荘平野ビル
・設計 東急設計コンサルタント
・施工  渋谷駅南街区プロジェクト新築工事共同企業体(東急建設・大林組)
・最寄駅 渋谷
(2017年2月17日撮影)










東側から見た渋谷ストリームです。
超高層のB-1棟の北側にはホール併設建物が建設されます。

ホールの収容人数はスタンディングで約700名となっており、ガラス張りの外観と二層にわたるホワイエを備える空間が特徴です。
渋谷という立地を活かした新商品発表会やファッションショーなどビジネス用途に利用される計画で、渋谷の新たな情報発信拠点を目指しているようです。








オイルダンパーでしょうか。
建物は制震構造となっているようです。









真下から見上げた建設中の渋谷ストリームです。
西側壁面の柱が傾斜しているのが特徴的ですが、この上に30階ほど載るのでそこそこの強度が必要で構造が気になりますね。









北側から見た建設中の渋谷ストリームです。

商業施設コンセプトは「 “シブヤ・カスタム”が集まるストリート 」とされ、総店舗面積は約900坪、約30区画の流行に左右されない“渋谷流=シブヤ・カスタム”が集まる商業空間が計画されています。








渋谷ストリーム東側には渋谷川が流れています。
現在はドブ川のようで忘れ去られたような存在てすが、官民連携のもと、清流復活水を活用した「壁泉」と呼ばれる水景施設の整備によって再生されます。

更に緑豊かな遊歩道を整備することで、大階段前の広場から並木橋の先まで約600m続く潤いのある水辺空間が創出され、隣接する2つの広場ではイベントなどが開かれ、賑わいを出す計画がなされています。

ちなみにこの渋谷ストリームの建設予定地はちょうど1年前、欅坂46サイレントマジョリティのPV撮影が行われたロケ地でした。



整理番号B-0285-05
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment