瀬戸蔵展望塔から見た名古屋駅前の超高層ビル群と瀬戸蔵ミュージアム

  •   27, 2017 07:41
  •  2
  •  0
名古屋都心・栄から約30分、愛知県瀬戸市の尾張瀬戸駅から徒歩約5分のところにある「瀬戸蔵」に行ってきました。
この瀬戸蔵にはせとものショップやカフェの他に古い瀬戸の街並みや窯元が保存されている「瀬戸蔵ミュージアム」という博物館もあり、建物東側には展望塔もあります。



◆参考資料、引用元
瀬戸市 瀬戸蔵



DSC01600.jpg




瀬戸蔵です。中央のガラスの塔が展望塔です。
DSC01690_20170227010901be2.jpg







瀬戸蔵展望塔から見た瀬戸の街並みです。
瀬戸川の両側に広がる傾斜地に建ち並ぶ住宅や窯業の工場、晴れた日には遠く、名古屋駅前や養老山脈も見えます。
ちなみにここの展望塔は無料で入館料がかかりませんが、あまり知名度が無いので殆ど人がいませんでした。
DSC01594_20170227010854d50.jpg






名古屋駅前に拡大してみます。
瀬戸から名古屋駅までは直線距離で20km超。東京で例えると新宿から聖蹟桜ヶ丘や渋谷から青葉台と同じような距離ですが、名古屋駅へは栄で乗り換えが必要なので約50分(栄からは約30分)ほどかかります。
ただそれだけ時間のかかる場所でもこのように高層マンションの谷間ができ、奥に小さく名古屋駅前の超高層ビルという景色が望めます。名古屋都市圏は首都圏や関西圏よりも規模が小さいとはいえ、結構広いですね。
DSC01598.jpg






展望塔から降り、瀬戸蔵ミュージアムに入ります。
瀬戸蔵ミュージアムは入館料が一般500円、高校・大学生・65歳以上300円、中学生以下、障害をお持ちの方、妊婦の方は無料となっています。

この瀬戸蔵ミュージアムには様々なせとものや窯業の歴史、職人の息遣いを感じられる窯業関連道具などが展示されており、エントランスが在りし日の瀬戸電の瀬戸駅に降り立った場所からで突然、昭和時代にタイムスリップしたかのような気持ちになります。
DSC01626-tile12.jpg




上の階まで全てくまなく見て回った人だけがこの宇宙人を見つけることができます。
地元の子供たちではそこそこ話題ですが、場所が暗く、自分が小学生時代にはこれを見ることができたら勇者だ!みたいな扱いでした、懐かしいですね。
ぜひ、皆さんも見つけてみてください。
DSC01662.jpg





最後に。
同じ瀬戸市内の新瀬戸駅東側にある大通りと名鉄瀬戸線との立体交差計画が、ループを用いて計画されているようです。
ただのループではつまらないので東京都にある「大橋JCT・目黒天空庭園」のようにループ道路屋上を公園化できればなと思いました。

民間企業も参入しながら周辺の再開発も進め、新瀬戸駅や愛環瀬戸市駅、バローショッピングセンターとペデストリアンデッキで接続し、現在のタクシーロータリー上には新たに図書館を移転、カフェや都市型商業施設、駅直結超高層住宅も併設すれば若者も住みたいと思える都市になるのでは?と思います。

夢物語ですが、瀬戸は歴史があり、知名度は高いものの現在の都市がいまいち(自然や観光地があっても都会が無い)なので、過去の加藤民吉氏のように優れたものを他所から学んで持ってくるという意気込みで頑張って欲しいものですね。

記事引用元:建通新聞 瀬戸市 追分線など整備 立体交差化を検討
大橋JCTの参考:都市の風景 Building and Subculture In Tokyo 目黒天空庭園 Meguro Sky Garden &完成したクロスエアタワー CROSS AIR TOWER
目黒天空庭園の参考:目黒区 目黒天空庭園・オーパス夢ひろばの概要
setopatinkosinseto.jpg


整理番号 P-0080-01
スポンサーサイト

2 Comment

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/28 (Tue) 00:27 | EDIT | REPLY |   

きりぼう  

Re: No title

コメントありがとうございました。
私も鉱山跡地は公園よりも商業を核とした瀬戸駅、新瀬戸に次ぐ第三の拠点を創り出すことができれば良いですよね。

公園はメインではなく、サブで商業施設に隣接する形で配置できれば家族でショッピングついでに遊ぶこともできるのではと思います。

また、共栄通や陶生西側の通りが大渋滞する恐れもあるので、名鉄瀬戸線か愛環を新瀬戸から鉱山跡地へ分岐して駅を中心としたコンパクトでウォーカブルなまちづくりができればと思っております。

2017/02/28 (Tue) 01:56 | EDIT | REPLY |   

Post a comment