有松・旧東海道 都市景観

  •   20, 2016 07:42
  •  0
  •  0

有松は名古屋都心金山から約15分、愛知県名古屋市緑区の名鉄名古屋本線有松駅南側に位置する旧東海道沿いに栄えた茶屋集落で、江戸時代からは「有松絞り」という絞り染めが生産販売されていた地域となっています。
そんな有松は古くからの街並みが残っていますが、1784年の大火で街の大半が焼失しており、復興の際、火災に備えて漆喰による塗籠造や萱葺き屋根を瓦葺として、そうした当時の面影を残した建築物群が現在でも建ち並んでいることが特徴的です。
毎年6月に有松絞り祭りが開催され、3輌の山車が練り歩くことでも有名です。


◆参考資料、引用元
名古屋市 【まちなみデザイン20選】井桁屋付近の有松の町並み

名古屋市 有松地区総合整備

名古屋市 有松周辺のみどころ一覧1

有松まちづくりの会

有松絞商工協同組合 有松・鳴海絞会館





DSC07374.jpg





◆有松・旧東海道 都市景観point
・漆喰による塗籠造や萱葺き屋根を瓦葺とした建築
・茶系や黒、白を基調とした建築意匠、街路景観
・魅力的なストリートファニチャー
・現在に残る和風建築物
・地元の産業の街だと一目で見てわかる店先構成(有松絞りで作られたのれん)
・周辺と調和した中層マンション
・閉業した店舗の活用方法
・街路の曲線による視線操作
有松 航空写真
↓名鉄有松駅より
20161219235310594.jpg






旧東海道の様子です。
木造の和風建築物が建ち並び、街路も両端の歩道部分は石畳風になっているなどの特徴があります。
「お洒落な街並み」というと洋風で西洋建築が建ち並ぶ光景を思い浮かぶ方がいらっしゃるかもしれませんが、ここ有松は和風建築物で統一されており、茶系や白黒のコントラストを効かせた意匠や景観で整えられています。
20161219235253398.jpg







旧東海道は緩いカーブが連続しており、一直線で視線が抜けてしまう街路景観とは違い、視線が目の前の建物によって遮られるため、頻繁に景色に変化が訪れ、歩いていても飽きの来ない街並みとなっています。
また、電柱や電線が無いので景観が整って見えます。
20161219235257292.jpg





有松といえばこの「井桁屋(いげたや)」です。
「井桁屋」は有松絞りの老舗で1790年創業です。全体で11棟、土蔵もある大屋敷となっており、建築様式は卯建、塗籠造り、海鼠壁、連子格子と有松の町屋建築のすべての特徴を備えた建物となっています。
一面格子戸の店先や藍染めの美しいのれんが敷地と街路の境界を彩っています。
20161219235242383.jpg





灯籠でしょうか。こうしたストリートファニチャー類も都市を彩り、賑わいを生み出すために必須となります。
店先がただアスファルトで舗装された道路や駐車場では何かもの寂しいですからね。
20161219235244911.jpg






建物だけでなく、看板などのエクステリア、樹木の種類まで和風で統一されており、非常に美しい意匠、景観となっています。
20161219235248069.jpg







付近には現代建築も建てられていますが、このように和風で白しっくいで塗られた外壁、柱を外部に出している「真壁」の木造建築物となっており、周囲の景観と調和しています。
写真右側は郵便局ですが、ポストも丸型の昭和風ポストで建物や街並みとマッチしていました。
20161219235250724.jpg




こちらも絞りの製造から販売までを行っているお店で「中濱商店」といい、漆黒のしっくいで塗られた外観が特徴的です。
20161219235326014.jpg





こうした歴史的建築物の並ぶエリアで時々問題になることが空き店舗問題で、ここ有松でも閉業してそのままのお店もありました。
しかし、このようにちょっとした展示スペースを設け、街行く人や観光客を楽しませる工夫がなされています。
20161219235328406.jpg





旧東海道からはいくつかの街路が分岐しています。
その一つの街路ですが、最近できたばかりの街路で、薄茶系の舗装にして木製の塀も設置、樹木も周囲の雰囲気に似合った種類のものが植えられています。
背後には中層マンションが建てられていましたが、白や黒を基調とした和風モダンの外観デザインの建物で周辺と調和しており、違和感は感じませんでした。
20161219235305065.jpg





付近の幹線道路は2車線でそれほど幅員は広くなく、歩道もタイル敷きとされ、花壇や街路樹があるなど美しい街路構成となっていました。
20161219235302308.jpg






有松駅北側に位置するイオンタウン有松です。
個人的にはもう少し和風デザインであれば意匠に関しては良かったのかなと思いました。
魅力が無いと呼ばれる名古屋ですが、この有松のように美しく、魅力ある街並みの観光地があるにも関わらず、歩いている人はまばらで観光客も少なかったように思えます。
大規模商業施設や都市型商業施設も良いですが、たまにはこういった歴史的な街並みの残る商業地を観光してみるのもいいかもしれませんね。

有松と同じく、愛知県内で古い街並みの残る犬山や瀬戸などにも共通することですが、東京では殆ど宣伝PRの広告を見かけない気がします。山手線の車内広告に愛知の観光PR広告があれば、観光地の認知度が向上し、ブランドが確立されて観光客も増えると思うのですが、どうでしょうか。
20161219235259427.jpg


整理番号 まちづくり・都市景観 No.8 有松・旧東海道 都市景観
(2016年5月4日撮影)

スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment