JRゲートタワー

  •   07, 2016 08:42
  •  0
  •  0

JRゲートタワーは愛知県名古屋市中区名駅で行われている名古屋ターミナルビルの建て替えに伴う再開発事業により建設中の46階建て、高さ211.10m(最高高さ220m)の超高層ビルで、愛知県ではミッドランドスクエア、JRセントラルタワーズオフィスタワー、ホテル棟に次ぐ4番目に高い超高層ビルとなる予定です。
JRゲートタワーにはオフィスのほか、タカシマヤを中核としたゲートタワーモール、総客室数350室を誇る名古屋JRゲートタワーホテルが入居します。







◆過去の記事
→2014年2月10日投稿 JRゲートタワー
→2014年5月12日投稿 JRゲートタワー
→2014年7月17日投稿 JRゲートタワー
→2014年8月11日投稿 JRゲートタワー
→2014年9月14日投稿 JRゲートタワー
→2014年10月13日投稿 JRゲートタワー
→2014年11月20日投稿 JRゲートタワー
→2014年12月10日投稿 JRゲートタワー
→2015年1月13日投稿 JRゲートタワー
→2015年2月12日投稿 JRゲートタワー
→2015年3月13日投稿 JRゲートタワー
→2015年4月14日投稿 JRゲートタワー
→2015年5月15日投稿 JRゲートタワー
→2015年6月10日投稿 JRゲートタワー
→2015年7月13日投稿 JRゲートタワー
→2015年8月13日投稿 JRゲートタワー
→2015年9月14日投稿 JRゲートタワー
→2015年10月11日投稿 JRゲートタワー
→2015年11月20日投稿 JRゲートタワー
→2015年12月20日投稿 JRゲートタワー
→2015年1月19日投稿 JRゲートタワー
→2016年2月23日投稿 JRゲートタワー
→2016年3月13日投稿 JRゲートタワー
→2016年4月12日投稿 JRゲートタワー
→2016年5月7日投稿 JRゲートタワー
→2016年6月7日投稿 JRゲートタワー
→2016年7月9日投稿 JRゲートタワー
→2016年8月13日投稿 JRゲートタワー
→2016年19月16日撮影 JRゲートタワー
→2016年10月24日投稿 JRゲートタワー
→2016年11月9日投稿 JRゲートタワー














■概要
・名称  JRゲートタワー
・所在地 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1015番
・階数  地上46階、地下6階建て
・高さ  211.10m (最高高さ220m)
・構造  鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
・敷地面積 97,191.00㎡
・建築面積 10,492.78㎡
・延床面積 265,337.92㎡(うち名古屋駅新ビル264,903.23㎡)
・着工  2012年9月28日頃
・竣工  2017年2月予定
・設計  コーン・ペダーセン・フォックス、大成建設、日建設計、ジェイアール東海コンサルタンツ
・建築主 JR東海、ジェイアールセントラルビル
・施工  名古屋駅新ビル(仮称)新設他工事共同企業体(大成建設、鹿島建設による共同企業体)
・最寄駅 名古屋、名鉄名古屋、近鉄名古屋
(2016年12月5日撮影)







タカシマヤ ゲートタワーモールを核とした約150店舗の商業施設が入る低層棟です。
JRゲートタワーのテナントは
・1階:バスターミナル
・2階:保育施設
・2-8階:JR名古屋タカシマヤ
・9-10階:ビックカメラ
・11階:UNIQLO、GU大型店
・12-13階:ゲートタワープラザ レストラン街
・13-14階:フィットネスクラブ
・15階:中庭、スカイストリート(南側にあるJRセントラルタワーズの15階と接続)
・16階-17階、27階、28階:保育、健康、医療施設、金融機関
・19階-25階:名古屋JRゲートタワーホテル
・29階-44階:オフィスフロア
となる予定です。
ちなみにUNIQLO、GUの大型店は名古屋最大級、GUは名古屋初の大型店になります。






低層棟の避難階段は名駅通りに面した場所にあり、あえてガラス張りにすることで階段を見せています。
単調になりやすい超高層ビルの壁面もこうした工夫で変化が出て良いアイデアだと思いました。
20161206220336769.jpg







エントランス前の名古屋駅コンコース外の様子です。遂に案内標識が設置されました。
JR名古屋駅から地下鉄東山線名古屋駅へのアプローチ動線にもなっており、常に混雑していて朝の通勤通学ラッシュ時にはかなり歩行速度が落ちている状態なので、JRゲートタワー完成時に供用が開始される地下へのエスカレーターによってどのくらい混雑解消がなされるか興味があります。









エントランスにはガラスの大屋根が設置されました。
ガラスは完全な透明ではなく、光のみ透過させる乳白色のガラスとなっています。









屋外の変化が少なくなってきましたので建物内に入ってみましょう。
エントランスからエスカレーターで2階に上がり、建物内に入ると、右手にはオフィスエントランスやスカイストリートへ向かうためのシャトルエレベーターがあります。
ちなみに外側のエレベーターはシースルーエレベーターとなっており、名古屋駅前を行き交う人々や自動車を眺めながら15階まで到達できます。









更に直進すると、商業施設の並ぶゾーンになります。
まだ工事中ですが、内装を見ることができる状態となっており、三層吹き抜けのダイナミックな空間が現れていました。
こちらの吹き抜けには斜めに通路が橋のように架けられ、間接照明を用いた演出が効いており、都会的でありながら上品な雰囲気を醸し出しています。






奥には吹き抜けに張り出した空間があり、この狭い場所にかなり高密度で様々な工夫が凝らされていることがわかります。








一部ではこのようにコンクリートスラブの上にタイルの貼り付けを行っている最中でした。







15階に上がってみます。
15階は隣接するJRセントラルタワーズに直通してスカイストリートがあります。
JRゲートタワーのスカイストリートにはJRセントラルタワーズオフィスエントランス前にあった商業施設がこちらに移転してきています。
タワーズ・ゲートタワー15階 オフィスサービス店舗移転のお知らせ










スカイストリートには中庭も整備されました。
オフィスやホテルのエントランスへ動線横に約800㎡の樹木や草花のある空間ができ、高層ビル内部に居ながらも四季の移ろいを感じられるようです。






スカイストリートの中庭にはベンチも配置されたのでお昼御飯を食べることもできそうですね。
すぐ真横にコンビニもあるのでオフィスワーカーにとって重宝しそうです。









名古屋JRゲートタワーホテルは2017年4月17日オープン予定となっています。









北側を眺めると隣接するJPタワー名古屋やルーセントタワーが建ち並びます。
JPタワー名古屋はかなりの至近距離で隣接しています。








最後にJRゲートタワースカイストリートから見た名古屋駅前の景色です。
南側を眺めているので太陽の反射光が少し眩しくはありますが、駅前のロータリーの方向になるのですぐ目の前が遮られることがなく、今後長い間、都市の定点観測ができそうな場所です。

遂にJRゲートタワーだけで三十記事を超え、竣工記事をいつ書くか考えています。変化のある間は記事を書こうかと思いますが、恐らく来年3月頃にはまとめられるかと思います。


整理番号B-0004-34

スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment