神宮前計画

  •   02, 2016 07:41
  •  0
  •  0

神宮前計画は東京都渋谷区神宮前で建設中の23階建て、高さ115.30mの超高層ビルで竹下通りと明治通りの交差する付近に位置します。
ちなみに着工は2004年11月となっており、2015年頃に建設工事が再開されたようで、自分もノーマークだったこともあって展望台から原宿方面を眺めて初めて気づきました。













■概要
・名称  神宮前計画
・所在地 東京都渋谷区神宮前一丁目5番10他
・階数  地上23階、地下3階建て
・高さ  115.30m
・構造  鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
・敷地面積 6,427.06㎡
・建築面積 3,013.45㎡
・延床面積 43,173.60㎡
・着工  2004年11月15日
・竣工  2017年8月31日
・建築主 原宿タウン特定目的会社
・設計 松田平田設計
・施工  大成建設
・最寄駅 原宿、明治神宮前・原宿
(2016年10月31日撮影)






南東側から見上げた神宮前計画です。
南面はブリーズソレイユが設置され、南西からの強い日差しが入り込みにくいように工夫されています。
ちなみにブリーズソレイユは建築物と一体になった羽板なのでルーバーやフィン、マリオン、方立と呼ぶ方が正しいのかもしれませんが、ル・コルビュジエが「太陽を砕くもの」として名付けたので今回はこちらを使用させていただきます。








西側から見上げた建設中の神宮前計画の様子です。
低層階手前側が少しだけ張り出していることがわかります。








透明感のあるカーテンウォールがとても美しいですが、「原宿」という場所性を考えるともう少しエンターテイメントを感じられる意匠デザインであればとても良かったかと思います。






六本木ヒルズから見た建設中の神宮前計画の様子です。
奥には明治神宮御苑の森が目立ちます。



整理番号B-0456-01

スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment