プレミストセンターレジデンス

  •   27, 2016 08:35
  •  0
  •  0

プレミストセンターレジデンスは愛知県名古屋市西区幅下で建設中の18階建て、総戸数66戸の高層マンションで、大和ハウス工業が分譲、矢作建設工業が施工しています。
都心部にも関わらず全戸比100%の駐車場が整えられるほか、最上階の18階は1フロア2邸のみ最大154.90㎡の部屋があるなどが特徴となっています。




◆過去の記事
→2016年5月16日投稿 プレミストセンターレジデンス











■概要
・名称  プレミストセンターレジデンス
・所在地 愛知県名古屋市西区幅下二丁目901番1
・階数  地上18階建て
・高さ  約58m (詳細不明高さ推定)
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 66戸
・敷地面積 1,316.34㎡
・建築面積 547.32㎡
・延床面積 6528.75㎡
・着工  2016年2月1日
・竣工  2018年2月上旬予定 (建設データバンクには2017年11月30日と記載)
・建築主 大和ハウス工業株式会社
・施工  矢作建設工業
・最寄駅 浅間町、丸の内、国際センター
(2016年5月12日撮影)




西側から見上げた建設中のプレミストセンターレジデンスです。
最上階の特別住戸はトップフロアプランと呼ばれ、142.25㎡3LDKのプランと154.90㎡4LDKのプランの二つのプランがあり、天井埋め込み型のエアコンが標準装備、約2.7mの天井高、最大3.5m幅のバルコニーや納戸があります。
ちなみに両住戸とも玄関を入って目の前の視界にニッチが入ってくるため、玄関先からリビングが見えなくなっているという点が通常の住戸との違いでもあります。







付近は建設中の建物がちらほら見受けられ、南側ではスターツグループが高層マンションを建てていました。
スターツグループはアルファグランデをはじめとした分譲マンションやピタッとハウスで知られる賃貸事業を行っている会社です。








北側から見た建設中のプレミストセンターレジデンスの様子です。








北側では名古屋市立なごや小学校の新校舎が建設中となっています。
なごや小学校は江西小学校、那古野小学校、幅下小学校が統合してできた小学校で平成27年度から開校した新しい小学校です。
なごや小学校の新校舎建設では日本国内では珍しい水平式タワークレーン(トンボクレーン)が稼働していました。








手前の通りにある街路樹の紅葉がとても綺麗でした。都心近くながら四季の移ろいを感じられる場所ですね。



整理番号B-0399-02

スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment