(仮称)柏の葉キャンパス148街区住宅計画(西棟)

  •   06, 2016 08:05
  •  0
  •  0

(仮称)柏の葉キャンパス148街区住宅計画(西棟)は千葉県柏市柏の葉キャンパスで建設中の36階建て、高さ129.00m、総戸数492戸の大規模超高層マンションで、三井不動産グループと東京大学、千葉大学、千葉県と柏市等が連携して開発を行っているスマートシティである「柏の葉スマートシティ」の148番街区に位置し、「環境共生都市」、「新産業創造都市」、「健康長寿都市」の三つの都市コンセプトに従って建設されています。













■概要
・名称  (仮称)柏の葉キャンパス148街区住宅計画(西棟)
・所在地 千葉県柏都市計画事業柏北部中央地区一体型特定土地区画整理事業148街区の一部
・階数  地上36階建て
・高さ  129.00m
・構造  鉄筋コンクリート造、免震構造
・総戸数 492戸
・敷地面積 6,094.89㎡(西棟)
・建築面積 1,923.92㎡
・延床面積 39,004.86㎡
・着工  2014年10月1日
・竣工  2018年03月末日予定
・設計  熊谷組
・建築主 三井不動産
・施工  熊谷組
・最寄駅 柏の葉キャンパス
(2016年10月23日撮影)






南西側から見た建設中の(仮称)柏の葉キャンパス148街区住宅計画(西棟)です。
(仮称)柏の葉キャンパス148街区住宅計画(西棟)は非分譲棟という扱いのため、賃貸住宅になるかと思われます。









南側から見上げた建設中の(仮称)柏の葉キャンパス148街区住宅計画(西棟)の様子です。








仮囲いに貼られていた完成予想図です。
パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワーとのツインタワーとなります。






構造はプレキャストコンクリートを用いて構成されており、1から2階に免震層を設ける中間免震構造となっています。
プレキャストコンクリートは型枠にコンクリートを打ち込んで現場施工をするわけでなく、工場で生産された鉄筋コンクリートの壁、柱、梁材を現場で組み立てるため、品質が一定となることが特徴です。








柏の葉の景色と(仮称)柏の葉キャンパス148街区住宅計画です。
お隣の分譲棟であるパークシティ柏の葉キャンパスザ・ゲートタワーの外観は完成していました。


整理番号B-0135-02

スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment