(仮称)MM21-32街区 オフィス計画

  •   12, 2016 07:44
  •  0
  •  0

(仮称)MM21-32街区 オフィス計画は神奈川県横浜市西区みなとみらいで建設中の15階建て、高さ83mの高層ビルで、32街区の南半分を落札した東急不動産が敷地北側に「ブランズタワーみなとみらい」、南側にこのオフィスビルを建設しています。







◆参考資料、引用元
都市再生特別措置法に基づく民間都市再生事業計画の認定について((仮称)MM21-32街区 オフィス計画) 




◆過去の記事
→2016年4月30日投稿 (仮称)MM21-32街区 オフィス計画












■概要
・名称  (仮称)MM21-32街区 オフィス計画
・所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目7番2
・階数  地上15階、地上6階建て
・高さ  83m(軒高78m)
・構造  鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
・敷地面積 10,704.69㎡
・建築面積 5,080.00㎡
・延床面積 55,578.20㎡
・着工  2015年10月20日
・竣工  2017年07月31日
・建築主 東急不動産、三井住友信託銀行
・設計 清水建設
・施工  清水建設
・最寄駅 みなとみらい
(2016年8月18日撮影)







東側から見上げた建設中の(仮称)MM21-32街区 オフィス計画の様子です。
撮影時は4階前後を施工中でしたが、鉄骨造ということもあり、現在はもっと高くなっていると思います。








南西側から見上げた建設中の(仮称)MM21-32街区 オフィス計画の様子です。
面積が広く、かなり大きな建物なので入りきりませんでした。








参考資料から拝借した立面図です。
どうやら保育所が併設されるようですね。
横浜市で保育所に子供を預けるためにはランク分けされたランクに応じて優先順位が定められており、Aランク(両親が外勤、ひとり親世帯)でも中々入るのが大変と聞いたことがあるので、都内含めて保育所整備はどんどんやってもらいたいですね。




整理番号B0397-02

スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment