アルバックスタワー刈谷駅前

  •   20, 2016 07:40
  •  0
  •  0
アルバックスタワー刈谷駅前は愛知県刈谷市南桜町の刈谷駅南口駅前に建つ23階建て、高さ82m、総戸数129戸の超高層マンションで、刈谷市内で最高層のマンションとなります。
敷地は定期借地権で60年の借地権となっており、構造は免震構造となっています。










■過去の記事
→2014年4月28日投稿 アルバックスタワー刈谷駅前
→2014年11月11日投稿 アルバックスタワー刈谷駅前
→2015年3月17日投稿 アルバックスタワー刈谷駅前
2015年10月22日投稿 アルバックスタワー刈谷駅前
→2016年2月9日投稿 アルバックスタワー刈谷駅前







DSC02798_201609191932404ce.jpg







■概要
・名称  アルバックスタワー刈谷駅前
・所在地 愛知県刈谷市南桜町1丁目29番1
・階数  地上23階建て
・高さ  82m (軒高77.50m)
・構造  鉄筋コンクリート造(免震構造)
・総戸数 129戸
・敷地面積 3,281.92㎡
・建築面積 1,486.03㎡
・延床面積 18,995.29㎡
・着工  2014年1月8日
・竣工  2016年5月31日
・建築主 アイシン開発
・施工  淺沼組
・最寄駅 刈谷
(2016年9月9日撮影)












東側から見たアルバックスタワー刈谷駅前の様子です。
1階から4階までがオフィス、商業施設部分で5階から上が住戸となります。






青空とアルバックスタワー刈谷駅前。
最上階は23階となるタワーマンションで専有面積か71.89~138.63㎡、間取りも2LDK~4LDK、販売価格も約3000万円~最上階で約8000万円台と名古屋都心のタワーマンションに比べて部屋も広々としており、価格も抑えられています。
個人的にも将来は地名のステータス性よりも郊外の駅前で広めのタワーマンションに住みたいなと思うのでそういった層のファミリー向けでしょうか。








東側のエントランス周りの様子です。
白色の外壁に黒のガラスのコントラストがとても美しかったです。







オフィスや商業施設等のテナントが入る低層部分です。
美容院や焼き肉店、都市型コメダが入居するようですね。
外観は全面がガラス張りの部分と細い窓が連続する部分がありました。








西側から見上げたアルバックスタワー刈谷駅前の様子です。









北側から見たアルバックスタワー刈谷駅前です。見た感じ、共用廊下は外廊下でしょうか??










南西側の公開空地です。
和風モダンな雰囲気で庭園のような遊歩道でした。








こちらは商業施設南側の公開空地です。
ちょっとした広場のようになっていました。
商業施設には都市型コメダが入居しますが、都市型コメダは駐車場無し、カウンター席のあるコメダで車中心の社会である愛知県の三河地域で駐車場無しとは新たな挑戦に挑んできたなと感心しました。








真下から見上げたアルバックスタワー刈谷駅前。
庇が何層にもわたって出ており、超高層であることを実感できます。








バルコニーの天井も塗装されている場所があり、このお陰で白黒コントラストの美しさも際立っています。








アルバックスタワー刈谷駅前の南側にあるみなくる刈谷とバロー刈谷店です。
駅前にペデストリアンデッキで駅直結の大規模商業施設があるのは非常に便利ですね。
ちなみに刈谷駅はJR東海道線と名鉄三河線が通っており、2014年度の一日平均乗降客数は112,954人となっています。
これは10年ほど前の2004年の78,192人から15%も増加しており、驚かされました。
刈谷市にはトヨタ系列のアイシン精機の本社があるため、近年急増しているのでしょうか。








最近新設されたみなくる刈谷のイベント広場「みなくる広場」です。
夜には虹色にライトアップされているようです。
刈谷市は名古屋のベッドタウンとトヨタ系列の企業へ通勤する人々の住宅地区としての二つの顔をもち、人口か急増しており、2016年7月には人口が15万人に達しました。
20年ほど前は12万人台で愛知県内では当時肩を並べた稲沢市や瀬戸市よりも人口が若干少なかったのですが、刈谷市は急激に伸び続けて現在では県内11位の人口となっています。







最後はミッドランドスクエアから見た刈谷方面の景色です。
濃尾平野から岡崎平野の真ん中に位置し、平地にタワーマンションが突如現れるので非常に目立ちます。
ちなみに刈谷市の合計特殊出生率は1.77となっており、県内6位です。日本国内の平均が1.46、愛知県の平均も1.46なので平均よりも出生率が高くなっています。合計特殊出生率が2を超えると人口が増え続けるので刈谷市は合計特殊出生率2以上を目指して欲しいですね。
DSC07028.jpg



整理番号B-0099-05
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment