マークス・アネシスタワー草薙

  •   21, 2016 10:26
  •  0
  •  0
マークス・アネシスタワー草薙は静岡県静岡市清水区草薙に建つ27階建て、高さ106.35m、総戸数136戸の超高層タワーマンションで、草薙駅南口地区第一種市街地再開発事業という再開発事業によって建設されました。
JR東海道本線草薙駅は静岡駅まで2駅7分の距離で、その草薙駅前に建つ好立地のためか竣工前に完売となっていたようです。
ちなみに徒歩2分の場所に静鉄清水線の草薙駅もあるようで地方都市郊外では珍しく鉄道利便性に優れている立地です。






◆過去の記事
→2014年1月3日投稿 草薙駅南口地区第一種市街地再開発事業











■概要
・名称  マークス・アネシスタワー草薙
・所在地 静岡県静岡市清水区草薙一丁目3番
・階数  地上27階、地下1階建て
・高さ  106.35m
・構造  鉄筋コンクリート造、(一部鉄骨造)
・総戸数 136戸
・敷地面積 3,419.14㎡
・建築面積 2,264.16㎡
・延床面積 23,675.69㎡
・着工  2013年12月1日
・竣工  2016年3月末日
・建築主 草薙駅南口市街地再開発組合
・施工  静与建設、清水建設共同体
・最寄駅 草薙
(2016年8月4日撮影)















右側の建物がJR草薙駅で画像左側がマークス・アネシスタワー草薙となっており、すぐ隣が駅であることがわかります。








北東側から見上げたマークス・アネシスタワー草薙です。
低層階にはグラソード草薙という商業施設が入っており、「草薙の剣」を意味して「草 (グラス)」と「薙の剣 (ソード)」を合わせた言葉らしく非常に格好良いネーミングセンスとなっています。






低層階の様子です。
コンビニのローソンと薬局のうさぎ薬局、補聴器のサガワ、美容室サンロード、蕎麦deカフェ、歯科等の生活利便施設が集まっています。








北側から見上げたマークス・アネシスタワー草薙です。手前側、東側には立体駐車場があり、パーク&ライドも行えるようになっています。








低層部分の外観デザインは和風モダンと洋風が合わさったような洒落たデザインとなっています。









高層階の住戸部分のバルコニーもこだわっており、下階の天井から床面に行くほど手前に庇が出てきているので、ただお洒落なだけでなく下から見上げた際のプライバシー保護にもなります。








南側から見上げたマークス・アネシスタワー草薙の様子です。
ちなみに草薙駅の一日平均乗降客数は17,062人で一時間あたり6本の電車が来るようです。
一時間あたり6本ということは10分間隔程度でやってくるので名古屋市の地下鉄並みに便利ですね。
自分は日中に東海道線で移動していましたが立ち客も結構いたので本数増と併せてそろそろ快速列車等の速達便も欲しいところですね。








草薙駅の北側には静岡銀行の本部があります。
こちらは20階建て、高さ103.60mとマークス・アネシスタワー草薙とほぼ同規模の高さとなります。
静岡は駅前の再開発が盛んで都心の静岡駅前はもちろんのこと、副都心、新都心を目指す東静岡や郊外都市にあたる草薙、清水などの駅前では超高層タワーマンションや商業施設の建設が相次ぎ、コンパクトシティ化が進められています。




整理番号B-274-02
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment