菱信ビル解体工事

  •   17, 2016 09:45
  •  0
  •  0

愛知県名古屋市、名古屋駅前のミッドランドスクエアとモード学園スパイラルタワーズとの間の名駅通に面した街区に三井ビル北館、菱信ビル、白川第三ビルがありましたが、菱信ビルを除く三井ビル北館、白川第三ビルはすでに解体工事を終え、コインパーキング、暫定商業施設として運営されています。
現在は街区中央に建つ菱信ビルの解体工本体が完了し、2016年10月末に街区全体が更地になった後、再開発が行われる計画です。













◆過去の記事
→2015年9月30日投稿 http://kiribou0634.blog.fc2.com/blog-entry-1379.html?sp
→2016年3月24日投稿 菱信ビル解体工事
→2016年4月26日投稿 菱信ビル解体工事








(2016年7月7日撮影)









北から見た解体中の菱信ビルの様子です。
菱信ビルのミッドランドスクエア側約半分(248坪)を所有しているむさし企業が単独開発で2階建ての雑居ビルを建設し、テナントには宝石や貴金属、時計、かばん、衣料を専門に扱う「コメ兵」が入居し、売り場面積は1,320㎡で大須本店、東京新宿店に次ぐ規模の店舗となるそうです。

ちなみに現在は解体がほぼ完了し、このように開放的な敷地が出来上がっていました。








西側、目の前に建つ名鉄名古屋駅の入る名鉄百貨店も再開発が計画されており、リニア開通の暁には名古屋駅前の様子も一変していそうですね。




整理番号B-0394-04

スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment