西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)

  •   03, 2016 07:47
  •  0
  •  0

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業 (A街区)は東京都品川区西品川の東海道新幹線と湘南新宿ラインで囲まれた場所で行われている再開発事業で、東側のA街区には24階建て、高さ114.12mの超高層オフィスビルが建ちます。














■概要
・名称  西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業 (A街区)
・所在地 東京都品川区西品川一丁目778番1他
・階数  地上24階、地下2階建て
・高さ  114.12m
・構造  鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造(柱CFT造)
・敷地面積 19,927.70㎡
・建築面積 7,748.92㎡
・延床面積 177,988.56㎡
・着工  2015年8月
・竣工  2018年3月31日予定
・建築主 西品川一丁目地区市街地再開発組合(住友不動産)
・施工  大成建設
・最寄駅 大崎、下神明
(2016年3月14日撮影)






建築計画の概要板です。








南側から見た西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業 (A街区)です。








住友不動産のニュースリリースから拝借した西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業 (A街区)の完成予想図です。
敷地中央には約6,000㎡、全体で約8,000㎡もの広大な緑地が整備されるようで防災時の一時避難場所としても使用されます。
引用、参考住友不動産 大崎駅前の発展する都市機能と連続した
“業務×住宅×商業等の約 3.9ha の大規模複合開発”
「西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業」全体着工




整理番号B-0401-01

スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment