日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)

  •   31, 2016 07:34
  •  0
  •  0

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)は東京都中央区日本橋室町で建設中の26階建て、高さ142mの超高層ビルで「日本橋三井タワー」北側の一帯の再開発プロジェクトです。
日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)では鹿島建設が開発した「HiDAX-R (Revolution)」という振動エネルギー回生システムに変換する制震ダンパーを世界で初めて導入している点が特徴的です。











■概要
・名称  日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
・所在地 東京都中央区日本橋室町三丁目10番
・階数  地上26階、地下3階建て
・高さ  142m
・構造  鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
・敷地面積 11,483.91㎡
・建築面積 8,600㎡
・延床面積 16,800㎡
・着工  2015年12月17日
・竣工  2019年3月31日予定
・建築主 日本橋室町三丁目地区市街地再開発組合(三井不動産)
・施工  佐藤工業特定業務代行共同企業体(鹿島建設、清水建設、佐藤工業JV) 
・最寄駅 三越前、新日本橋、神田、東京
(2016年3月撮影)

  



建築計画の概要板です。









南側から見た日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)の様子です。








東京都の公式サイトから拝借した完成予想図です。
東京都 日本橋室町三丁目地区市街地再開発組合の設立認可について



整理番号B-0401-01

スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment