六本木グランドタワーレジデンス

  •   06, 2016 07:42
  •  0
  •  0

六本木グランドタワーレジデンスは東京都港区六本木で建設中のタワーマンションで 「旧日本IBM本社ビル」や「旧六本木プリンスホテル」などの跡地を再開発し、40階建て、高さ230.06mの業務棟と27階建て、高さ109.5mの住宅棟のツインタワーが建設されています。
六本木グランドタワーレジデンスは住友不動産の高級賃貸マンションで最高家賃の住戸で月額400万円台の部屋があるようです。





◆過去の記事
→2014年11月7日投稿 六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区施設建築物 住宅棟
→2015年5月16日投稿 六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区施設建築物 住宅棟

→2015年11月10日投稿 六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区施設建築物 住宅棟














■概要
・名称  六本木グランドタワーレジデンス
・所在地 東京都港区六本木三丁目12番41、他
・階数  地上27階、地下2階建て
・高さ  109.05m
・構造  鉄筋コンクリート造(免震構造)
・敷地面積 17,371.73㎡(街区全体)
・建築面積 9,413.44㎡ (街区全体)
・延床面積 202,503.78㎡(街区全体)
・総戸数 226戸
・着工  2013年10月28日
・竣工  2016年3月末予定
・建築主 六本木三丁目東地区市街地再開発組合(住友不動産)
・施工  大成・大林建設共同企業体
・最寄駅 六本木一丁目、神谷町、溜池山王、六本木
(2016年3月撮影)








東側から見上げた六本木グランドタワーレジデンスの様子です。
東側には首都高速道路が通っています。






外観は反射率の高いエメラルドグリーン色のガラスパネルが用いられた手摺と2階分で一層とした柱のデザインが特徴的です。






エントランス周りには植栽も施され、撮影時はあと少しで完成といった感じでした。
エントランス内部は和モダンな内装でバイリンガルのコンシェルジュが24時間常駐しているようです。
それにしてもバイリンガルって凄いですね、自分は英語すら片言でしか話せません…







北側から見上げると隣接する住友不動産六本木グランドタワーの影になったしまうためか、エレベーターシャフト等のコア部分があると思われ、窓は殆どありませんでした。






かなりの傾斜地に建てられています。


整理番号B-0240-03

スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment