名鉄知立連続立体交差事業

  •   19, 2016 08:09
  •  0
  •  0

名鉄知立連続立体交差事業は正式名称、西三河都市計画・都市高速鉄道 知立駅付近連続立体交差事業 名鉄名古屋本線・三河線といい、知立駅周辺は、名鉄名古屋本線・三河線によって市街地が分断され、知立駅の東の名古屋本線と三河線の接した踏切りでは、遮断されている時間が一日10時間50分ときわめて長い状況にあり、朝夕のラッシュ時は特にひどく「開かずの踏切り」と呼ばれているため、高架化する事になりました。






◆参考、計画図等引用元
→愛知県 知立連続立体交差事業




■過去の記事
→2015年1月18日投稿 名鉄知立連続立体交差事業
→2015年10月18日投稿 名鉄知立連続立体交差事業






20160216161800377.jpg






■概要
・名称: 西三河都市計画・都市高速鉄道 知立駅付近連続立体交差事業 名鉄名古屋本線・三河線
・区間: 約4.26km
(名古屋本線:約1560m、三河線(豊田市方面)約1160m、三河線(碧南方面約1540m))
・着工予定:2010年度
・竣工予定:2023年度
・総工費:約615億円
(2016年2月撮影)




真ん中は名鉄本線の仮線予定地です。
名鉄三河線は仮線に移行しましたが、本線はこれから仮線敷設に着手します。
ちなみに写真中央の更地になっている部分に本線の仮線を敷設し、右側に高架を建設します。
20160216161803971.jpg








三河線の仮線が本線の名古屋方面へ延ばされ、接続しています。
工事が進むと、右側の車の止めてあるあたりに本線の名古屋方面の線路が敷設される予定となっています。
20160216161807462.jpg





次に知立駅のホームを見てみます。
知立駅は名鉄名古屋本線と名鉄三河線の交差する大きな駅で、 知立駅は6番線まであり、一日平均乗降客数も2013年度は31,878人と名鉄で7番目に多い乗降客数となっています。
ちなみに撮影しているホームは豊橋方面の6番線で、向かい側は岐阜方面の5番線、更にホームを挟んだ奥に三河線の碧南方面へ向かう4番線があります。
次はこの4番線と5番線を一つ南側に建設しているホームに移転させます。
20160216161810835.jpg





4、5番線の南側で建設している仮ホームです。
ここに名古屋本線の岐阜、名古屋方面と三河線の碧南方面の線路が移ります。
仮ホームといえどかなりしっかりとした造りになっていました。
20160216161814146.jpg




跨線橋から豊橋方面を見た様子です。
右側に見えるきれいなホームが建設中の4、5番線です。
既に線路敷設予定の場所にはコンクリート製の枕木が運び込まれています。
20160216161817944.jpg




名古屋方面では仮ホーム部分でも既に仮線敷設が行われていました。
20160216161826722.jpg







ホームの階段付近にはワイドタイプの一画面電光掲示板が設置されています。
行先や発車番線、種別、時刻が記載されています。
一般的な電光掲示板とこの様な一画面タイプの電光掲示板、どちらが設置費用が安く済むのでしょうか。
名鉄の路線では乗降客数の少ない駅には電光掲示板すら設置されていないので、格安のテレビみたいな画面で良いので普通停車駅にも電光掲示板があればいいなと思いました。
20160216161820947.jpg



知立駅東側の踏切です。
ここの渋滞が問題で高架化事業を行うことになりました。
現在は名鉄本線と三河線の踏切は分かれているのですが、工事が進み次第、真ん中の退避できるスペースに三河線の仮線と本線の下り線が来るので工事期間中は開かずの踏切問題がさらに悪化してしまいますが、工事が完了するとかなりスムーズな歩車動線が確保されます。
20160216162400680.jpg




三河線の碧南、刈谷方面と豊田市方面の分岐点です。
ここも高架化される計画となっています。
20160216162403946.jpg




そして公園を挟んだ北側には名鉄本線の仮線が完成しています。
20160216162409195.jpg



現地に貼られていた高架化後の完成予想図です。
今とは全く違った雰囲気になりそうです。
20160216162406623.jpg




知立駅の駅舎と駅前の様子です。
高架化と同時に右手側の駅北側では再開発事業も進んでいます。
ちなみに知立市の人口は6万9,000人と豊明市や清須市とあまり変わらない人口ですが、人口に比してかなり規模の大きな開発で今後の発展が期待できる市だと思いました。近隣の市は再開発や高架化など提案にも出されず、やる気のないところも多いですし・・・
20160216162413663.jpg




知立駅付近はこうした商業施設が並んでいます。
駅から少し歩いたところは密度の低い住宅地ですが駅前は結構栄えていました。
20160216162417749.jpg




【おまけ】
2015年度から名鉄特急や通勤型の3300系等の車両でリニューアルが行われており、イメージが一新しています。
外観だけでなく、特急列車の一部車両の壁は木目調となっていて高級感が増したりと、かなり変わってきました。
車両も都会的で快適な新型車両も新造されたりと、設備だけでなく車両のサービス面も以前より格段に向上しています。
今後の名鉄には期待ですね。名鉄名古屋駅の再開発やこの知立駅高架化、天白川付近の高架化(事業が進み次第、当ブログでも取り上げようと思います)を含め、今年はどのような事業を行うかとても楽しみです。
→マイナビニュース 名古屋鉄道2200系など新造、「パノラマSuper」改良 - 2015年度設備投資計画
20160216162422143.jpg

整理番号k-2016-02-02

スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment