スカイツリーから見たつくばエクスプレス沿線と筑波山

  •   14, 2016 09:53
  •  0
  •  0


スカイツリーから見たつくばエクスプレス沿線と筑波山方向の景色です。
茨城県でも東京寄りで研究学園都市のあるつくば市は、東京秋葉原を起点としているつくばエクスプレスで約45分の場所にあります。
つくば市は東京から約50kmほどのところにありますが、この日は快晴で空気も澄んでいたのでつくば市内の超高層ビルやマンション、筑波山もはっきりと確認できました。
2016DSC02356 (1)





筑波山にズームしてみます。
筑波山は茨城県つくば市の北端に位置し、西側の男体山と東側の女体山からなる標高877mの山です。
筑波山へはつくば駅から中腹までシャトルバスが出ており、ロープウエイやケーブルカーもあるので、都内からでも容易にアクセス、初心者でも登りやすい山なのかなと思います。
ちなみにこの筑波山は歌川広重の「名所江戸百景」で江戸から眺めた景色に地平線を描く際、北東側のシンボルとして描かれており、西側の富士山とともに関東地方の山としては有名です。
2016DSC02356 (2)





こちらは市街地の広がるつくばエクスプレス沿線で、2005年に開業した新しい路線です。
沿線沿いは駅前のみ高密度に開発し、駅から遠ざかるほど緑豊かなゆとりある低層住宅が建ち並ぶ都市景観となっており、駅間は田園地帯というまさに豊かな自然、田園地帯と都市が共存する「田園都市」となっています。
つくばエクスプレスはこの様に田園地帯が多い場所を走るにもかかわらず開業初年度の利用者数は予想よりもはるかに多く、2014年度には一日平均利用者数が32万6000人、ラッシュ時の混雑率も154%となるなど、開業時の2倍の利用者数に膨れ上がり、新都市鉄道として大成功を収めています。
そんなつくばエクスプレス沿線は研究学園都市として整備されたハイテクな都市と自然と共存できる田園都市なので個人的には将来済んでみたいなと思うエリアの一つです。
2016DSC02356 (5) - コピー






スカイツリーから確認できる超高層ビルやタワーマンションの名称を写真に直接書き込んでわかりやすくしてみました。
どの超高層も駅前に建つので駅の位置がとても分かりやすいですね。
一番手前側のパークシティ柏の葉キャンパスは三井不動産や柏市、千葉県、東京大学、千葉大学など官民一体となって開発しているスマートシティの中核に建つ大規模マンションで、現在はパークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワー(地上36階、高さ130.08m )が建設中となっています。
その背後にあるブランズシティ守谷は茨城県守谷市で利根川を越えたところにあります。
2016DSC02356 (5)


整理番号P0058-01

スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment