スカイツリーから見た松戸市や取手市

  •   14, 2016 07:31
  •  0
  •  0

スカイツリーから見た松戸市と取手市です。
千葉県松戸市は東京都葛飾区に隣接し、上野から常磐線で15分から20分程度の郊外都市で、人口は48万人で中核市や政令指定都市以外では最も多い人口で、江戸時代には水戸街道の宿場町として栄えた場所です。
そんな松戸市の中心部、常磐線松戸駅前にはライオンズステーションタワー松戸(26階建て、高さ84.89m)が建っています。
このライオンズステーションタワー松戸は丘陵地に建っており、松戸駅のある西側と、松戸中央公園のある東側とでは4階分もの高低差があります。
20160114 (1)







スカイツリーから見た取手市方面の景色です。
取手はスカイツリーから直線距離で約30km、茨城県ですが、利根川を挟んで対岸は千葉県我孫子市で常磐線で上野から30分から45分程度で行くことができます。
取手駅前にはBELISTA(ベリスタ)タワー取手駅前」(地上20階、高さ63.992m)が建っています。写真やや左上の白い建物がそれです。
ちなみに手前に田園風景が広がっていさすが、これは江戸川東側になります。東京都から一歩外に出たところにこうした田園地帯が残っていることには驚きました。田園地帯の真ん中にある学校のような建物は松戸矢切高校で、2011年度に統合し、廃校となりました。大都会、東京からこんなすぐの場所で田園風景の中、青春を過ごせるとは羨ましいものですね。
20160114 (2)

整理番号P0055-01

スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment