スカイツリーから見た牛久大仏

  •   04, 2016 09:17
  •  0
  •  0

茨城県牛久市に日本最大、世界でも三番目に高い仏像である牛久大仏があります。
その牛久大仏の高さは120mで浄土真宗東本願寺派本山東本願寺によって1989年に建造されたもので、高さ120mもあることから、空気の澄んだ日にはスカイツリーや六本木ヒルズなど都内の展望台からでも見ることができます。
ちなみに写真下側のマンション街は柿ノ木台小学校のある松戸市二十世紀ヶ丘周辺です。
2016-DSC02333 (1)






さらに拡大してみると超高層ビルや鉄塔ではなく、大仏であることがわかります。
日本国内で有名な東大寺、奈良の大仏は高さが14.98mなので、約8倍の高さである牛久大仏の巨大さがわかると思います。
2016-DSC02333 (1)-2





最後は引いてみます。スカイツリーから柏市や松戸市方面を眺めると手前から荒川、中川、江戸川河川敷やの一部が見えます。
その中川の水面が見えるところから斜め右上の場所に牛久大仏が見えると思います。
2016-DSC02333 (2)

整理番号P-0053-01

スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment