(仮称)錦二丁目計画

  •   28, 2015 07:40
  •  4
  •  0
(仮称)錦二丁目計画は愛知県名古屋市中区錦の広小路通沿いにある「旧大和生命ビル」跡地の駐車場を再開発して三菱地所と積水ハウスが21階建て、高さ97.100mの超高層ビルを建設する計画です。
敷地東隣にある 「三菱東京UFJ銀行名古屋ビル」から本部機能を移転し、その後、「三菱東京UFJ銀行名古屋ビル」を解体、そちらも再開発される予定です。
ちなみに西隣に建つ「旧名古屋銀行ビル」は近代建築としての価値が高いため、再開発は行われず、保存されます。






■過去の記事
→2015年7月16日投稿 (仮称)錦二丁目計画
→2015年10月8日投稿 (仮称)錦二丁目計画




DSC09984.jpg






■概要
・名称  (仮称)錦二丁目計画
・所在地 愛知県名古屋市中区錦2丁目2011番他
・階数  地上21階、地下1階建て
・高さ  97.100m
・構造  鉄骨造、(一部鉄筋コンクリート造)
・敷地面積 3,383.23㎡(A敷地)
・建築面積 2,377.11㎡(A敷地)
・延床面積 45,586.44㎡(A敷地)
・着工  2016年3月1日頃
・竣工  2018年予定
・設計  三菱地所設計、竹中工務店
・建築主 名古屋デベロップメント特定目的会社、積水ハウス
・施工  竹中工務店
・最寄駅 伏見、栄、栄町
(2015年12月9日撮影)














南側から見た(仮称)錦二丁目計画の様子です。
現在は既存の駐車場を解体、障害撤去工事が行われています。
躯体の建設開始は来年春の予定となっています。
ちなみに奥に見える巨大なビルは三菱東京UFJ銀行名古屋ビルという1961年に竣工した老舗ビルですが、こちらは2018年から2027年の間に再開発が行われるようです。現在の名古屋市の環境アセスメント対象が高さ100m以上かつ延床面積5万㎡以上となっているため、この「(仮称)錦二丁目計画」は高さ97m、延床面積45万㎡とアセスに引っかからないように規模がやや小ぶりで計画されています。
東京では都心部の再開発が行われるような場所ではかなり大幅な緩和がなされているので、名古屋でも行政によって名駅周辺や栄など都心部はもう少し緩和して、高密度化、集約化を図ってもらいたいものですね。
20151227235629880.jpg







「旧名古屋銀行ビル」です。
1926年竣工の古いビルで、4層分のコリント式列柱が特徴的です。
なかなか重厚感ある構えで、高層棟もこれに合わせた外観デザインであればいい感じになりそうですね。
20151227235622957.jpg






敷地北東、三菱東京UFJ銀行名古屋ビル側から見た(仮称)錦二丁目計画の様子です。
本命の三菱東京UFJ銀行名古屋ビル建て替えが進むころまでに名古屋市の都心部における環境アセスメント緩和がなされていればなと思います。
また、現在は名古屋駅周辺で超高層ビル建設が続いていますが、名古屋駅周辺はまとまった整形の土地が少なく、名鉄の再開発でほぼ頭打ちかとも思われるので、今後は整形の土地が数多く存在する栄周辺で超高層化、再開発が盛んになると思います。
20151227235626760.jpg



整理番号B-0338-03
スポンサーサイト

4 Comment

おろろn  

No title

こんばんわ 初めまして
栄周辺を高層化するにあたって問題となるのは周辺を結ぶ大量輸送交通機関が地下鉄しかないことですね。名鉄小牧線を栄まで南進させ瀬戸線と合流してさらに南下し、神宮前で名古屋本線と常滑線に乗り入れ出来るようにすれば東海地方の南北から直接栄に行けるようになります。その際に市交通局と交通連合事業体を設置して欧州では普通に行われているゾーン運賃を導入できれば名鉄・市交通局沿線の使勝手が格段に上がるかもしれません。

2015/12/28 (Mon) 21:40 | EDIT | REPLY |   

ノボール  

No title

最新の再開発情報、変わりゆく名古屋の姿をいつも楽しませてもらっています。

 記事についてですが、この街区は容積率が800%です。
総合設計制度を利用して容積率緩和を受けていますが、A棟を5万㎡超とするのは困難と思われます。
よって、延床面積はアセスと関係なく、この規模が目いっぱいだったと推測されます。
また高さについては、ヘリポートの設置基準と相まって100m未満にしていると思われます。

 将来的に再開発の予定される、三菱東京UFJ銀行名古屋ビルは、敷地面積が5000㎡程あります。
やはり容積率は800%ですので、容積率対象面積で4万㎡程度、延床で4.5万㎡超と推測されます。
総合設計制度の容積率緩和を利用して、5万㎡に近づけますが、大きく超えることは難しいでしょう。
ヘリポートの絡みや、オフィスとしてフロア面積を確保することを考えると、99mで5.5万㎡とかかな?
中央広小路ビルやアスタービルとの街区一帯開発に発展すれば、話は変わりますが。

 アセスは、迅速化が進むのであれば、現行基準が名古屋には適切と考えますが、どうなるでしょうかね。

2015/12/29 (Tue) 10:02 | EDIT | REPLY |   

-  

Re: No title

コメントありがとうございます。
栄は名古屋の繁華街で名駅と並ぶターミナルであると思いますが、アクセスが地下鉄二路線、名鉄一路線とターミナルにしては貧弱なので、個人的にも栄で止まってしまっている名鉄瀬戸線の名駅や金山方面延伸や計画が凍結されてしまった地下鉄東部線建設などを行い、栄の地下に名駅や金山レベルのターミナル駅が生まれればと思います。

2015/12/30 (Wed) 09:44 | EDIT | REPLY |   

-  

Re: No title

コメントありがとうございます。
先ほど容積率や建蔽率の載っている都市計画図を見てきました。
やはり800%で5万平米超えはそもそも無理だとわかりました。

隣の三菱東京UFJ名古屋ビルの場合、総合設計制度で公開空地等を設けて5万平米前後になると思われますが、その際に少しでも余裕があれば良いかなと個人的には思います。

都市計画変更で名駅や栄の容積率を1000%程度に引き上げることができれば更に規模が大きく、集客力のある施設を作ることができるかと思われます。
都市計画変更には長い時間がかかりますが、何とか上手い手段で150m前後の超高層ビルが並ぶ東京、大手町や丸の内の様な景観になって欲しいものです。

2015/12/30 (Wed) 09:52 | EDIT | REPLY |   

Post a comment