(仮称)丸の内3-2計画

  •   18, 2015 07:45
  •  0
  •  0

(仮称)丸の内3-2計画は東京都千代田区丸の内で建設中の30階建て、高さ150mの超高層ビルで「東京商工会議所ビル」と「富士ビル」跡地の再開発で建設されます。

ちなみに2,000人規模のパーティーに対応可能な地区最大級の大バンケットも新設されます。

■概要

・名称  (仮称)丸の内3-2計画 

・所在地 東京都千代田区丸の内3丁目10番地

・階数  地上30階、地下4階建て

・高さ  150m (建築物高さ140m)

・構造  鉄骨造、(地下:鉄骨鉄筋コンクリート造)

・敷地面積 9,935.02㎡

・建築面積 8,394.96㎡

・延床面積 173,856.60㎡

・着工  2015年11月

・竣工  2018年10月中旬予定

・設計  三菱地所設計

・建築主 三菱地所、東京商工会議所、東京會舘

・施工  大成建設

・最寄駅 日比谷、有楽町、二重橋前

(2015年9月1日撮影)

北西側から見た(仮称)丸の内3-2計画の建設予定地です。

PDFから拝借した外観完成予想図です。

→ 三菱地所・東京商工会議所・東京會舘による共同プロジェクト 「(仮称)丸の内 3-2 計画」 着工

大手町から丸の内にかけて建つ、低層建物に超高層ビルが載っかったデザインを踏襲しています。

低層建物に超高層ビルが乗っかっていると、重厚な印象を与えますが、高くなるほど面積が減るので総合的には圧迫感が軽減されます。

整理番号B-0377-01

スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment