渋谷駅地区駅街区開発計画 東棟

  •   09, 2015 07:47
  •  0
  •  0

渋谷駅地区駅街区開発計画 東棟は東京都渋谷区渋谷に建設中の46階建て高さ228.3mの超高層ビルで、渋谷で最も高い超高層ビルになる予定です。

ちなみに同じ渋谷駅地区駅街区開発計画 中央棟、西棟はⅡ期工事箇所なので2027年竣工予定とまだ着工までは時間があります。

◆過去の記事

→2014年12月9日投稿渋谷駅地区駅街区開発計画 東棟

■概要

・名称  渋谷駅地区駅街区開発計画 東棟

・所在地 東京都渋谷区渋谷2丁目23番他

・階数  地上46階、地下7階建て

・高さ  228.3m

・構造  鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造

・敷地面積 15,275.55㎡ ※

・建築面積 18,192.10㎡ ※

・延床面積 268,368.69㎡ ※

・着工  2014年6月10日

・竣工  2019年7月末予定

・建築主 東急電鉄、東日本旅客鉄道(JR東日本)、東京メトロ

・施工  東急建設、大成建設共同企業体

・最寄駅 渋谷

※渋谷駅地区駅街区開発計画全体

(2015年9月1日撮影)

東側から見た建設中の渋谷駅地区駅街区開発計画 東棟の様子です。

パッと見は前回の撮影時と変わりません。

奥には先行して建設された連絡通路があります。

渋谷ヒカリエから見た渋谷駅地区駅街区開発計画 東棟の建設地です。

工事用のタワークレーンが1基設置されていましたが、解体用かと思われます。

現在、東京メトロ銀座線渋谷駅のある東急百貨店東横店は解体工事をしていますが、銀座線の渋谷駅は南側に約130m移設され、営業しながらの工事となるので2021年度完成予定となっています。

整理番号B-0259-02

スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment