六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区施設建築物 業務棟

  •   05, 2015 08:39
  •  0
  •  0
六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区施設建築物 業務棟は東京都港区六本木で建設中の超高層ビルで 「旧日本IBM本社ビル」や「旧六本木プリンスホテル」などの跡地を再開発し、40階建て、高さ230.06mの業務棟と27階建て、高さ109.5mの住宅棟が建設されています。






◆過去の記事
→2014年10月30日投稿 六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区施設建築物 業務棟
→2015年5月15日投稿 六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区施設建築物 業務棟











■概要
・名称  六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区施設建築物 業務棟
・所在地 東京都港区六本木三丁目12番41、他
・階数  地上43階、地下2階建て
・高さ  230.76m (軒高226.95m)
・構造  鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造 (免震構造、制震構造)
・敷地面積 17,371.73㎡(街区全体)
・建築面積 9,413.44㎡ (街区全体)
・延床面積 202,503.78㎡(街区全体)
・着工  2013年10月28日
・竣工  2016年3月予定
・建築主 六本木三丁目東地区市街地再開発組合(住友不動産)
・施工  大成建設
・最寄駅 六本木一丁目、神谷町、溜池山王、六本木
(2015年8月31日撮影)













東側から見た六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区施設建築物 業務棟の様子です。
建物真ん中付近でくびれている外観が特徴的です。








真下から見上げると真ん中の出っ張りが目立ちます。







六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区施設建築物 業務棟の低層部分の様子です。
4層吹き抜けのピロティがとてもダイナミックで、シースルーエレベーターが外側に設置されています。






当初は背後に建つ泉ガーデンタワーと同じような外観デザインで計画されていましたが、現在はこの様に変更されました。
しかしアルミカーテンウォールの色は泉ガーデンタワーと同じような色となりました。







泉ガーデンと並び、六本木一丁目地区の新たなランドマークとなりそうです。


整理番号B-0234-03
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment