アルバックスタワー刈谷駅前

  •   22, 2015 07:44
  •  0
  •  0
アルバックスタワー刈谷駅前は愛知県刈谷市の刈谷駅前で行われている刈谷市南桜町地区再開発事業により建設中のタワーマンションです。
規模は23階建て、高さは82m、総戸数129戸で刈谷市内で最も高いタワーマンションとなります。


■過去の記事
→2014年4月28日投稿 アルバックスタワー刈谷駅前
→2014年11月11日投稿 アルバックスタワー刈谷駅前
→2015年3月17日投稿 アルバックスタワー刈谷駅前













■概要
・名称  アルバックスタワー刈谷駅前
・所在地 愛知県刈谷市南桜町1丁目29番1
・階数  地上23階建て
・高さ  82m (軒高77.50m)
・構造  鉄筋コンクリート造(免震構造)
・総戸数 129戸
・敷地面積 3,281.92㎡
・建築面積 1,486.03㎡
・延床面積 18,995.29㎡
・着工  2014年1月8日
・竣工  2016年5月下旬
・建築主 アイシン開発
・施工  淺沼組
・最寄駅 刈谷
(2015年10月7日撮影)








南西側から見た建設中のアルバックスタワー刈谷駅前の様子です。





JR東海道本線と名鉄三河線の通る刈谷駅からはペデストリアンデッキにより、大型商業施設のバローへ直結しており、買い物にも利便性にも優れた場所です。
ちなみに刈谷駅から名古屋駅までは新快速で18分と地下鉄東山線の東山公園駅から名古屋駅と変わらない時間です。





アルバックスタワー刈谷駅前には様々な緑地が設けられ、シーズンズガーデン、グリーンプロムナード、ウェルカムガーデン全て合わせた公開空地の面積は755.5㎡にもなります。






アルバックスタワー刈谷駅前は刈谷市内で最高層のマンションになります。
タワーマンションというシンボル性の他に駅前の利便性や名古屋駅への速達性、駅前商業施設の充実や緑地面積の多さにより、竣工前に完売となりました。


整理番号B-0099-03
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment