DEUX TOURS CANAL&SPA (ドゥ・トゥール) EAST棟

  •   27, 2015 09:09
  •  0
  •  0
DEUX TOURS CANAL&SPA(ドゥ・トゥール)は東京都中央区晴海で建設中のツインタワー形式、総戸数1450戸、52階建て、高さ177.3mの超高層タワーマンションで2014年8月現在、ほぼ最上階を施工中でした。




◆過去の記事
→2014年4月29日投稿 DEUX TOURS CANAL&SPA (ドゥ・トゥール) EAST棟
→2014年8月22日投稿 DEUX TOURS CANAL&SPA (ドゥ・トゥール) EAST棟
→2015年1月29日投稿 DEUX TOURS CANAL&SPA (ドゥ・トゥール) EAST棟











■概要
・名称  DEUX TOURS CANAL&SPA (ドゥ・トゥール) EAST棟
・計画名 (仮称)晴海三丁目西地区A街区A2棟
・所在地 東京都中央区晴海3丁目102番
・階数  地上52階、地下1階建て
・高さ  177.3m
・構造  鉄筋コンクリート造、(一部鉄骨造) (免震構造)
・総戸数 1450戸 (その他SOHO216区画、店舗2区画)
・敷地面積 15,222.35㎡
・建築面積 10,073.63㎡
・延床面積 174,801.03㎡
・着工  2012年12月17日
・竣工  2015年9月下旬
・建築主 住友不動産
・施工  三井住友建設
・最寄駅 勝どき
(2015年8月30日撮影)










南側から見たDEUX TOURS CANAL&SPA (ドゥ・トゥール) EAST棟の様子です。






低層棟の屋上にあるスカイデッキの様子です。
風の丘や月の森、鳥の広場など、最大高さ10mのシラカシの木を始め、クスノキ、カンヒザクラ、キンモクセイなど500本以上もの中、高木が約4,800㎡もの植樹帯に植えられているそうです。
ちなみに低層棟には様々な共用施設、EAST棟の2階にはスパ(温泉)ができます。








ちなみにDEUX TOURS CANAL&SPA (ドゥ・トゥール) は中間免震層による免震構造のタワーマンションでエントランスなどのある低層部分と住戸などが揃う中高層部分の間に中間免震層があります。
ほかにも溶接閉鎖型帯筋という鉄筋の組み方が採用されたり、通常のコンクリートの最大5倍の強度の高強度コンクリートが採用されていたりします。







歩道の整備も進められていました。
東側は隣に建つベイシティ晴海スカイリンクタワーへのデッキでの接続の他に階段で地上に降りることもできます。








南側から見たDEUX TOURS CANAL&SPA (ドゥ・トゥール)EAST棟の様子です。







ベイシティ晴海スカイリンクタワーから繋がるデッキも整備中でした。







ダイナミックパノラマウインドウです。
住友不動産のタワーマンションといえば床から天井まである大きな窓のダイナミックパノラマウインドウが特徴的でDEUX TOURS CANAL&SPA (ドゥ・トゥール)ではアウトフレームが加わり、柱梁の出っ張りも無く、室内はすっきりとしているようです。







北側から見たDEUX TOURS CANAL&SPA (ドゥ・トゥール) EAST棟です。








新豊洲駅から見たDEUX TOURS CANAL&SPA (ドゥ・トゥール)の様子です。
黒を基調としたタワーマンションが並び、リゾートっぽさよりも都会感が出ています。



整理番号B-0100-04
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment