リコーテクノロジーセンター新棟(C棟)

  •   10, 2015 07:43
  •  0
  •  0
リコーテクノロジーセンター新棟(C棟)は神奈川県海老名市下今泉字に建つ23階建て、高さ108mの超高層ビルで、リコーの手がける複合機やプリンターなどのオフィス情報機器の設計から販売までを統括する事業所となります。










■概要
・名称  リコーテクノロジーセンター新棟(C棟)
・所在地 神奈川県海老名市下今泉字810番
・階数  地上23階、地下1階建て
・高さ  108m (軒高99.9m)
・構造  鉄骨造 
・敷地面積 約88,770㎡
・建築面積 2,854.32㎡
・延床面積 58,754.43㎡
・着工  2008年9月1日
・竣工  2010年8月31日
・設計  コーエンジニアリング、梓設計 
・建築主 リコー
・施工  鹿島建設、大成建設共同企業体
・最寄駅 海老名
(2014年12月撮影)











JR相模線の海老名駅西口のデッキから見たリコーテクノロジーセンター新棟(C棟)です。
少し前までは田んぼのど真ん中に建つ超高層ビルだったよう(自分もその光景を見たくて海老名に初めて行きました)ですが、現在は土地区画整理事業が進み、大きな通りが整備され、更に写真左側には高層マンション、右側にはららぽーと海老名が建設中でした。








しかし、通りから奥へ一本入るとまだまだ田園風景が残っていました。
こういった景色は不思議な感じがして結構好きです。

 





最後に建設中のららぽーと海老名です。
2015年10月29日にオープン予定で店舗面積は54,000㎡とららぽーと豊洲よりも一回りほど小さい規模です。
神奈川県内ではららぽーと横浜、ラゾーナ川崎プラザに次いで3つ目のららぽーととなります。
ちなみに神奈川県内では2016年秋頃にも平塚にららぽーとがオープンするようです。
海老名には駅南側にビナウォークという大規模商業施設もありますが、競合しないんでしょうか。。


整理番号B-0337-01
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment