TRI-SEVEN ROPPONGI(トライセブン ロッポンギ)

  •   17, 2015 07:13
  •  0
  •  0
TRI-SEVEN ROPPONGI(トライセブン ロッポンギ)は東京都港区六本木の東京ミッドタウン目の前の外苑東通りを挟んだ向かい側で建設中の14階建て、高さ79.5mの高層ビルです。










■概要
・名称  TRI-SEVEN ROPPONGI(トライセブン ロッポンギ)
・所在地 東京都港区六本木7丁目113番1
・階数  地上14階、地下2階建て
・高さ  79.5m
・構造  鉄骨造、鉄筋コンクリート造、(一部コンクリート充填鋼管構造) (中間層免震構造)
・敷地面積 3,843.68㎡
・建築面積 2,359.86㎡
・延床面積 31,436.93㎡
・着工  2014年3月1日
・竣工  2016年3月31日
・設計  竹中工務店
・建築主 ペンブローク・ロッポンギ7・リアルエステート・リミテッド
・施工  竹中工務店
・最寄駅 六本木、乃木坂
(2015年3月撮影)












建築計画の概要板です。








北西側から見たTRI-SEVEN ROPPONGI(トライセブン ロッポンギ)です。
への字型に折れた棟配置となっています。








ピロティ空間が非常に大きな高層ビルです。
低層部分は商業施設となります。







敷地内には天祖神社があります。
日本橋室町でも神社と一体になって再開発され綺麗になった神社がありました。
古くから神社は人々が集まる場所だったので現代でも再整備してふらっと立ち寄れる場所になれば良いですね。







TRI-SEVEN ROPPONGI(トライセブン ロッポンギ)の完成予想図です。
画像引用/拝借元→TRI-SEVEN ROPPONGI(トライセブン ロッポンギ)公式サイト







ブルークリスタルガラスが採用され、オフィス部分はとても美しいですね。
左下に神社がチラッと見えますが、商業施設のすぐ隣に整備されるみたいです。完成が楽しみですね。




整理番号B-0325-01
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment