(仮称)新・第二豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋)

  •   16, 2015 07:46
  •  0
  •  0
(仮称)新・第二豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋)は1973年7月に東和不動産が建てた第二豊田ビルを建て替える再開発計画です。
この第二豊田ビルはもともと東館と西館があり間を隔てていた道路は西側に付け替えられ、現在は1階床の工事を行っています。







■過去の記事
→2014年2月19日投稿 新・第二豊田ビル (三井ガーデンホテル名古屋)
→2014年5月15日投稿 (仮称)新・第二豊田ビル (三井ガーデンホテル名古屋)
→2014年6月24日投稿 (仮称)新・第二豊田ビル (三井ガーデンホテル名古屋)
→2014年7月20日投稿 (仮称)新・第二豊田ビル (三井ガーデンホテル名古屋)
→2014年9月18日投稿 (仮称)新・第二豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋)
→2014年10月20日投稿 (仮称)新・第二豊田ビル (三井ガーデンホテル名古屋)
→2014年11月23日投稿 (仮称)新・第二豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋)
→2014年12月15日投稿 (仮称)新・第二豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋)
→2015年1月18日投稿 (仮称)新・第二豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋)
→2015年2月17日投稿 (仮称)新・第二豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋)











■概要
・名称  (仮称)新・第二豊田ビル (三井ガーデンホテル名古屋)
・所在地 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目27番2
・階数  地上25階、地下3階建て
・高さ  114.597m
・構造  鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
・敷地面積 4,234.26㎡
・建築面積 2,198.93㎡
・延床面積 47,453.21㎡
・着工  2014年5月
・竣工  2016年6月末予定
・建築主 東和不動産
・施工  竹中工務店
・最寄駅 名古屋、名鉄名古屋、近鉄名古屋
(2014年4月6日撮影)











北側から見た建設中の(仮称)新・第二豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋)の様子です。
三井不動産の展開する三井ガーデンホテルは、この三井ガーデンホテル名古屋が東海地方初出店の予定で18~25階に約300室が入居する予定です。









遂に鉄骨が地上に姿を現し、これから本格的に伸びていきます。
どのタイミングでタワークレーンを設置するのかわかりませんがそろそろ設置されるかと思われます。







(仮称)新・第二豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋)の隣には柳橋中央市場があり、オフィス街から突如、市場が現れます。
ここは再開発計画などが出ていませんがそのうち、再開発され高層化されるかもしれませんね。









(仮称)新・第二豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋)をミッドランドスクエアから見た様子です。
上から見ると建設方法は逆打ち工法らしく、地下1階と地上の1階床を施工中でここから地上の躯体建設と地下の工事を同時に進めていく事になります。
現在は鉄骨の建方が開始され、地下階の工事も始まっています。








更に拡大した (仮称)新・第二豊田ビル(三井ガーデンホテル名古屋)の様子です。
高さは114.597mと控えめですが名古屋駅前の超高層ビルに新しい仲間が加わります。





整理番号 B-0017-11
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment