ザ・レジデンス津田沼奏の杜

  •   14, 2015 05:48
  •  0
  •  0
ザ・レジデンス津田沼奏の杜は千葉県習志野市奏の杜(かなでのもり)で建設中の大規模高層マンションで地上6階建てのアライズレジデンス、地上24階建てのブロードレジデンス、地上24階建てのセンターレジデンス、地上13階の建てディーセントレジデンスの合計4棟、最高高さ71.93m、総戸数869戸超メガ級の大規模マンションです。










■概要
・名称  ザ・レジデンス津田沼奏の杜
・所在地 千葉県習志野市奏の杜2丁目2番
     千葉県習志野市谷津6丁目地先
・階数  地上6階、地下1階建て(アライズレジデンス)
     地上24階、地下1階建て(ブロードレジデンス)
     地上24階、地下1階建て(センターレジデンス)
     地上13階、地下1階建てて(ディーセントレジデンス)
・高さ  71.93m
・構造  鉄筋コンクリート造(免震構造)
・総戸数 869戸
     (アライズレジデンス:50戸、ブロードレジデンス:376戸、センターレジデンス:374戸、ディーセントレジデンス:69戸)
・敷地面積 24,009.18㎡
・建築面積 1,319.86㎡(アライズレジデンス)
      2,322.64㎡(ブロードレジデンス)
      2,339.03㎡(センターレジデンス)
      5,945.19㎡(ディーセントレジデンス)
・延床面積 4,635.55㎡(アライズレジデンス)
      33,181.57㎡(ブロードレジデンス)
      31,204.15㎡(センターレジデンス)
      20,720.92㎡(ディーセントレジデンス)
・着工  2013年3月末日
・竣工  2015年6月下旬予定
・建築主 三菱地所レジデンス、野村不動産、三井不動産レジデンシャル
・施工  フジタ
・最寄駅 津田沼、京成津田沼、新津田沼、谷津
(2014年12月31日撮影)













東側のフォルテ津田沼の方から見たザ・レジデンス津田沼奏の杜センターレジデンスです。









階段状に階数が増えていくのでルーフバルコニー付きのプランなどもあります。








南西側ザ・レジデンス津田沼奏の杜 ブロードレジデンス






撮影した2014年12月時点ではタワークレーンが1機設置されていました。






ザ・レジデンス津田沼奏の杜の南側は公園ができる予定で公園南側は奏の杜地区から外れるのでのんびりとした郊外になっています。
南側に高い建物が無いのでザ・レジデンス津田沼奏の杜からの眺めは良さそうですね。







ザ・レジデンス津田沼奏の杜の東側にはザ・パークハウス津田沼奏の杜という大規模なマンションがあります。









ザ・レジデンス津田沼奏の杜とザ・パークハウス津田沼奏の杜。
ザ・レジデンス津田沼奏の杜はJR総武線の津田沼駅まで徒歩7分、津田沼駅から東京駅へ直通27分で午前7時台、8時台には総武線快速と総武線が約2~5分の間隔で運行されているほか、津田沼始発の電車もある為、座って通勤することも可能という都心部への交通アクセスに優れています。
ちなみに分譲価格は4098万円~5968万円、最多価格帯4200万円台、4300万円台で都内よりも割安なのでどちらかというとファミリー向けなのでしょうか。








南西側から見上げたザ・レジデンス津田沼奏の杜 ブロードレジデンスの様子です。
真下から見上げると巨大な壁のようで、ズラリと並んだバルコニーに24階という高層、下から見上げながら本当に多くの家族が住むんだなあと感慨深く感じます。









一番西側に建つ6階建て、総戸数50戸のザ・レジデンス津田沼奏の杜 アライズレジデンスです。







樹木でしょうか。黒いシートで覆われていました。







北側から見たザ・レジデンス津田沼奏の杜の様子です。
この様にちょっとした丘の上に立地しています。







建設中の立体駐車場です。







壁型の大規模マンションは単色で安っぽい外観になりがちですが、ここは外壁素材には谷津干潟に飛来する野鳥をモチーフとした、アースカラーのマテリアルを採用したり、タイルの組み合わせを工夫する事によって外観デザインに変化をもたせています。





東側から見上げたザ・レジデンス津田沼奏の杜 アライズレジデンスの様子です。







仮囲いに貼られていた住棟配置図です。
大規模マンションに多い団地並列型では無く、少し変形した五角形の1辺を取ったような配置になっています。






仮囲いに貼られていたザ・レジデンス津田沼奏の杜周辺の空撮です。



整理番号B-0295-01
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment