JRゲートタワー

  •   12, 2015 08:26
  •  0
  •  0
JRゲートタワーは愛知県名古屋市中区名駅の名古屋ターミナルビルの建て替えに伴う再開発事業で、46階建て、高さ211.10m(最高高さ220m)の超高層ビルが建設中で、愛知県ではミッドランドスクエア、JRセントラルタワーズオフィスタワー、ホテル棟に次ぐ4番目に高い超高層ビルとなる予定です。
ちなみに現在、目視で8階前後まで鉄骨が組み上がっています。






◆過去の記事
→2014年2月10日投稿 JRゲートタワー
→2014年5月12日投稿 JRゲートタワー
→2014年7月17日投稿 JRゲートタワー
→2014年8月11日投稿 JRゲートタワー
→2014年9月14日投稿 JRゲートタワー
→2014年10月13日投稿 JRゲートタワー
→2014年11月20日投稿 JRゲートタワー
→2014年12月10日投稿 JRゲートタワー
→2015年1月13日投稿 JRゲートタワー














■概要
・名称  JRゲートタワー
・所在地 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1015番
・階数  地上46階、地下6階建て
・高さ  211.10m (最高高さ220m)
・構造  鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
・敷地面積 97,191.00㎡
・建築面積 10,492.78㎡
・延床面積 265,337.92㎡(うち名古屋駅新ビル264,903.23㎡)
・着工  2012年9月28日頃
・竣工  2017年2月予定
・建築主 JR東海、ジェイアールセントラルビル
・施工  名古屋駅新ビル(仮称)新設他工事共同企業体(大成建設、鹿島建設による共同企業体)
・最寄駅 名古屋、名鉄名古屋、近鉄名古屋
(2015年2月8日撮影)















西側から見たJRゲートタワーの様子です。








JRセントラルタワーズとJPタワー名古屋の間にJRゲートタワーが建設されます。
ちなみにJRゲートタワーのテナントは1階にバスターミナル、1階から14階にJR名古屋タカシマヤ、15階に中庭とスカイストリート(南側にあるJRセントラルタワーズの15階と接続される)、19階から25階には名古屋JRゲートタワーホテル、16階から17階と27階28階には保育、健康、医療施設、金融機関などが入居し、29階から44階は主にオフィスフロアとなる予定です。







北東側から見た建設中のJRゲートタワーの低層棟です。







手前が低層棟、奥が高層棟です。
かなり複雑な構造で地震の時の地震力が一部分の柱に集中してしまう事を防ぐ為にオイルダンパーが設置されています。








東側から見上げた建設中のJRゲートタワーの様子です。
JRセントラルタワーズとJPタワー名古屋に挟まれた場所にJRゲートタワーが建設中でJRセントラルタワーズにある名古屋駅から直結するので非常に利便性の高い立地となります。







南西側から見たJRゲートタワーです。






ミッドランドスクエアから見た建設中のJRゲートタワーです。
ここの展望台は窓ガラスと通路との間に結構な隙間があり、窓枠も狭いので広角で撮ろうとするとカメラを手に持って身を乗り出す感じにして撮影するのでかなり集中力を使います^^;
ただ、窓ガラスと通路との間に隙間があるお陰で望遠レンズは伸ばしやすいのでどちらかと言うと遠くを見るのには適しています。。







JRゲートタワーの高層棟の様子です。
JRゲートタワーは先に地下に杭を打ち、地下階と地上階を同時に施工する逆打ち工法によって建設されているので通常の超高層ビル建設よりも短期間で建設することが可能となっていますが、地下には名鉄名古屋本線のトンネルが埋まっており、電車の運行を妨げず、トンネルを避けながらの基礎工事だったので、基礎工事はかなり難関な工事だったようです。







更にズームアップ。
高層棟の柱や梁はかなり太くしっかりとしています。



整理番号B-0004-10
スポンサーサイト

0 Comment

Post a comment